今日の迷言・余言・禁言

JT610便に乗り遅れ「救われた命」

時々、なぜそういう現象が起こるのだろうと不思議に思うことがある。29日に墜落したLCCライオン航空JT610便に搭乗予定だった人物がいるからだ。ソニー・セティアワン氏はインドネシアの財務省の職員で、毎週のようにその時刻の便に搭乗していた。その日も、いつもと同じ時間帯で家を出たのだが、交通渋滞で大幅に空港への到着が遅れて、その便には間に合わなかった。その結果、189人全員が絶望とされているJT610便の次の便へと切り替えざるを得なかった。つまり、遅れてしまったために“命拾い”をしたのだ。時々こういう話を聞く。この人の場合、いつもと同じ時間帯で家を出ている。そういう点では、何らの“引き止め”もなかった。ジャカルタの交通渋滞に巻き込まれたのだが、本人も、何故あの時だけあんなに渋滞したのかわからないといっている。問題はここである。その人、一人の命を救うためだけに渋滞は起こったのだろうか。そんなはずはない。ジャカルタではいつも起こっている。たまたま、その日だけ特別渋滞が異常に長かった。もしも、彼が予定通り行かないことに焦って別の道路を選択したならどうなったのだろう。もしかすると、ここに“運命の分かれ道”があるのかもしれない。彼は、いつもの時間に家を出て、いつもの道路を走った。本来なら余裕で間に合うはずなのに、このままでは“いつもの便”に乗り遅れてしまう。それでも彼は焦らず、仕方がないと割り切って次の便を選んだ。人生には、時々、予定外のことが起こって計画通り、予定通りに行かないことが起こる。その時、どうしても本来の計画通り、予定通りに進めようとするか、それとも、それはそれで“運命”として受け入れるか、瞬時の判断や決断を必要とするときがある。結局、アクシデントを“運命”として受け入れた方が、“最終的な幸運”を手に入れるケースが多いような気が私にはするのだ。それにしても「安い」という言葉には「危険」という言葉がついてまわっていることを、今回の格安航空の事故は教えようとしている。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.