今日の迷言・余言・禁言

自己顕示欲と“寂しい心”の葛藤

タレントで投資家の松居一代氏が、自らのブログの中で“真実をお伝えしましょう”ということで、自分の家の“懐事情”について公開している。こういう場合、通常は「告白」という形になるのだが、彼女の場合は「公開」という形で、表現を変えると“全裸御開帳”のような潔さである。確かに潔いのだが、それでいて共感は呼ばない。誰も彼女の家の“家計簿を見せてほしい”と言った覚えはないからだ。もちろん、彼女としては、いろいろと推測されて記事にされてきたことが癪に障るのであろう。けれども、それは或る種“有名税”のようなもので、著名人なら誰もが行われている。それをいちいち訂正しないのは、彼らが「大人」だからである。つまり、彼女が「公開」すれば「公開」するほど、或る種の“虚しさ”が漂う。彼女は自分が購入したポルシェは報道にあった1800万円ではなく2300万円(彼女に言わせると22834534円)であったと言いたいのだろうが、庶民にとって、そんな違いはどうでも良いのだ。すべて自分が現金で購入したもので、船越からのプレゼントではない、と強調する。……だから? というのが普通の感覚である。結婚17年で、夫からは「着物一枚、指輪一つ買ってもらったことがない」と記し、その理由を、わざわざ買ってもらう必要がないというようなことを書いている。要するに、自分の方がはるかに“高収入”だと言いたいようだ。それはそうなのかもしれないが、プレゼントって、そういうものではないでしょう。はからずも彼女は「私は愛されていなかった」ということを、自ら激白しているのに、そのこと自体に気付いていない。誤解されると困るので記しておくが、私は個人的には松居一代氏は好きである。こういう“負けず嫌いで茶目っ気もある女性”は嫌いではない。それに或る意味、正直でもある。ただ日本人は総じて、この手の女性を“嫌う”ことを彼女は知っておいた方が良い。彼女の才能は誰もが認める。多分、夫である船越氏も認めているはずだ。そして彼女は、或る意味では“嘘”はついていない。けれども、ここは警察の取り調べ室ではない。税務署でもない。“寂しい心”を温めてくれるのは預金通帳ではない。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.