今日の迷言・余言・禁言

「癒しのジョーク」か⁉「人騒がせ」か⁉

もしもあなたが知人の葬儀に参列していて、その途中で故人の棺桶の中から「お~い、お~い、ここから出してくれ!」という声が聴こえたなら、どうするだろう。もちろん、その場は一瞬、凍り付いた。誰もが、けげんな表情をした。何しろ、今まさに棺桶を土中に引き下ろそうとしていた矢先だったのだ。アイルランドでは現在も土葬が行われている。神父が厳かなメッセージを読み上げ、その後で棺桶を土中に埋めるのだ。やがて、棺桶からの声はより大きくなった。そして、棺桶の蓋を開けると、歌まで歌い出したのだ。ここに至って誰もが、10月8日に病気で亡くなったはずの元軍人シェイ・ブラッドリー氏が「生きていた」ことに気が付く。いや、生きていただけでなく、ぴんぴんしていて、列席者たちに“イタズラ”を仕掛けたのだと気付く。考えてみれば、娘さんは涼しい顔で“動画撮影”を行っていた。グルだったのだ。誰もが騙されたのだが、怒り出す者はいなかったらしい。むしろ“仕掛けられた”ことを愉しんでいる。実は、彼は一年前には正に病気で“死ぬかもしれない”状態にあった。その時、娘さんに頼んで「葬儀場で流すメッセージ」を録音した。今回、用いたのは、その時の録音だった。だから冗談っぽい声や物言いではないのだ。けれども、彼は無事に病魔を跳ね返し、元気になった。そこで、こういった手の込んだ“イタズラ”を思いついたということらしい。この時の動画はSNSで投稿され、33000件の「いいね」を得たらしい。確かに、動画として観れば、楽しいものになっているのかもしれない。けれども、これを「癒しのジョーク」として受け止められるのは、そういうジョークになれている国民だったからなのではないだろうか。もし、日本で同じようなことを行ったら、同じような反応を得られるであろうか。私は難しいように思う。一つには、それだけ、今の日本が“心のゆとり”を失っているからだ。日本人の国民性として“真面目に受け止めすぎる”ということもある。おそらく日本なら「人騒がせな行為」としてひんしゅくを買うに違いない。けれども、こういう“心のゆとり”はあった方が良い。何かがあると、すぐ“徹底的にたたく”現代の日本人は、少し“心のゆとり”がなさすぎるような気がするのだ。但し、このジョークそのものは絶対にマネしないで欲しい。日本ではお墓に入る前に徹底的に炎上し、全身を焼かれてしまうのだから。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.