今日の迷言・余言・禁言

83歳女性のカラダを14歳少年が襲う時

こういう事件は、本来なら“深刻”に受け止めなければならないのだろう。だが、私には想像力が枯渇しているのか。どうしても、その場面が“映像化”できないのだ。アメリカのボルティモアで14歳になったばかりのタイロン・ハービン容疑者が、83歳のドロシー・メイ・ニールさんの自宅を訪れて居て、不意に強姦しようとする場面の映像である。こういう言い方をするのは大変に失礼だが、ドロシーさんは齢相応の“83歳の女性”であって、特別“若々しい印象”でも“美しい容姿”でもない。ごく普通の黒人女性である。ただオシャレではあった。それと、人相学的には優しく親切な女性であったことは間違いがない。一方のハービン容疑者だが、確かに14歳になったばかりの少年なのではあるが、顔写真を公開されている。日頃から素行は良くなかった。強盗や暴行でも起訴されている。そのため最近まで身体にGPSを着けられていた。ところが、その後はいたって品行方正で、その様子を見て監察官がGPSを取り外した直後の犯行だった。容疑者は、まだ14歳だが人相学的には極端に分厚い上下の口唇が目立つ。つまり“性衝動”が強い顔貌と言える。日本人の男児14歳で極端に分厚い口唇はほとんど見掛けない。こんなことを書くのは虚しいが、もしかするとハービンは“女性”なら誰でも良かったのかもしれない。ただ容疑者は、被害者女性の自宅に優しく迎え入れられた形跡がある。元々親切なドロシーさんは少年に警戒心を抱かなかった。まさか14歳の少年が83歳の自分を襲って来るとは夢にも思わなかったのだ。ところが容疑者は耳が尖っている。こういう耳は“危険”なのだ。おそらく、少年はいきなり女性に抱きついて行った。もちろん女性は拒否する。けれども少年の方が力が優っていた。そして強姦された。ところが、ここで話は終わらなかった。女性は行為の後で顔面を殴られ、それが元で死亡したと推定されている。おそらく、少年をののしったに違いない。もし、女性が屈辱のまま見送ったなら、或いは死なずに済んだのだろうか…。


最近の記事はこちら

従業員は「命預けます」と言えるか⁉

大昔「命預けます」という題名の歌があった。それを何んとなく思い出した。多分、それに近い意識を持たないと“出資は出来ない”だろうととも思った。何しろ金額が半端ではない。日本円で2兆1300億円なのだ。そ…続きを読む

44年前の「UFO誘拐事件」再掲載の謎

昨日「文春オンライン」は、なぜか44年前に起きた“UFO事件”の詳細を載せた。なぜ載せたのか。一応の理由としては《夏に読みたい「怖い話」》ということになっている。だが、私には何となく釈然としない。もし…続きを読む

「共感」という評価で“トップ3”入り

芸能・芸術の世界では時々、本人も予想しなかったような“奇跡”が起きることがある。「機動戦士ガンダム40周年のメモリアルに、こんな奇跡が起こるなんて!」と驚きと喜びを隠せないのが歌手・森口博子氏である。…続きを読む

王女様は公務より「シャーマン」がお好き⁉

日本の場合は「天皇」は「王」とは微妙に異なるので、その娘が「王女」と呼ばれることはない。ただ実質的には「王」及び「王女」扱いを受けていることは事実だ。さて、ノルウェー王室では現在ちょっとした問題が持ち…続きを読む

“終戦記念日”に産まれた「三太郎」

正確にいうと順序が逆で“終戦記念日”に「三太郎」が産まれたのではなく、我父親である「三太郎」が産まれた日がやがて“終戦記念日”となった、ということである。明治38年の生れであるから、もし生きていれば1…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.