今日の迷言・余言・禁言

83歳女性のカラダを14歳少年が襲う時

こういう事件は、本来なら“深刻”に受け止めなければならないのだろう。だが、私には想像力が枯渇しているのか。どうしても、その場面が“映像化”できないのだ。アメリカのボルティモアで14歳になったばかりのタイロン・ハービン容疑者が、83歳のドロシー・メイ・ニールさんの自宅を訪れて居て、不意に強姦しようとする場面の映像である。こういう言い方をするのは大変に失礼だが、ドロシーさんは齢相応の“83歳の女性”であって、特別“若々しい印象”でも“美しい容姿”でもない。ごく普通の黒人女性である。ただオシャレではあった。それと、人相学的には優しく親切な女性であったことは間違いがない。一方のハービン容疑者だが、確かに14歳になったばかりの少年なのではあるが、顔写真を公開されている。日頃から素行は良くなかった。強盗や暴行でも起訴されている。そのため最近まで身体にGPSを着けられていた。ところが、その後はいたって品行方正で、その様子を見て監察官がGPSを取り外した直後の犯行だった。容疑者は、まだ14歳だが人相学的には極端に分厚い上下の口唇が目立つ。つまり“性衝動”が強い顔貌と言える。日本人の男児14歳で極端に分厚い口唇はほとんど見掛けない。こんなことを書くのは虚しいが、もしかするとハービンは“女性”なら誰でも良かったのかもしれない。ただ容疑者は、被害者女性の自宅に優しく迎え入れられた形跡がある。元々親切なドロシーさんは少年に警戒心を抱かなかった。まさか14歳の少年が83歳の自分を襲って来るとは夢にも思わなかったのだ。ところが容疑者は耳が尖っている。こういう耳は“危険”なのだ。おそらく、少年はいきなり女性に抱きついて行った。もちろん女性は拒否する。けれども少年の方が力が優っていた。そして強姦された。ところが、ここで話は終わらなかった。女性は行為の後で顔面を殴られ、それが元で死亡したと推定されている。おそらく、少年をののしったに違いない。もし、女性が屈辱のまま見送ったなら、或いは死なずに済んだのだろうか…。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.