今日の迷言・余言・禁言

81%が「自分の血液型」を知らない国

日本で「自分の血液型を知らない」というのは、何んとなく“無知なこと”のように思われがちだ。かくいう私も、多分「A型」だとは思っているのだが、それはあくまで父親と母親と兄弟の血液型からの推測で、本当のところはよく解からない。だから、私は時に「血液型占い」などについても、雑誌などで頼まれれば書いたりもするが、自分は何なのか、知らずに書いている。無責任に思う方がいるかもしれないが、決して、そうではない。私は「血液型」そのものに関しては世界のさまざまな研究成果を調べた時期があるからだ。その結果、私自身の結論としては、血液型はただ単に「A型」「B型」「O型」「AB型」に分けただけで性格とか能力とかを判断できるものではない。だから、真剣に思い込むのは危険なのだ。大体、多くの人は知らないが、血液型の分類方法自体が、現在では十数種類もある。そのうちの「ABO式血液型」と呼ばれるものが、一般的にいうところの「血液型」なのだが、それを細分していくと「37種類になる」という説もある。要するに、大雑把な“四分類”ですべてを読み取ろうなんて、土台が無理なのだ。しかも、俗にいう「血液型」はそんなにクッキリとした境界線で分けられるようなものでもない。アジアには「B型」や「AB型」が存在するが、欧米には「A型」と「O型」しか存在していないらしい。これでは“血液型占い”自体が成立しない。ということで、英国では55%の人が自分の血液型を知らないそうである。特に18歳~24歳の若者では81%が自分の血液型を知らないらしい。それはそれで、急病などの場合に困りそうな気もするが、私もそうだが、案外、どうにかなっていくものだ。そういうわけで日本人は何でも“大まかに区分し過ぎ”なのだ。よく「中国人はこれこれ…」とか「韓国人だからこれこれ…」とか「アフリカ人だからこれこれ…」とか、さまざまな先入観というか、思い込みというか、イメージというか、そういうもので“くくり過ぎ”なのだ。だから「しいたけ占い」が「十二星座占い」と知らされると、急に“ドン引き”する。大体「しいたけ占い」なんて言う“おかしな占い”存在するわけないじゃないか。マスコミも変なものを“持ち上げすぎる”と、あとで困ることになるのだから、最初から“へんてこ占い”は単純に取り上げ過ぎないことだ。


最近の記事はこちら

「逃亡者」は、ひっそりと暮らすべき

レバノンの首都ベイルートで4日、大爆発が起こった。事故なのかテロなのかわからないが、死者100名以上、負傷者4000名、30万人が家屋を失ったとも言われる。日本から逃亡しているカルロス・ゴーンの家屋も…続きを読む

12歳の頃「憧れだった人」からの影響

漫画家の桑田二郎氏が7月2日に亡くなっていたことが昨日、公表された。大昔の漫画家なので、知っている人は少ないかもしれない。途中から「桑田二郎」になったが、私が子供時代に読んでいた頃は「桑田次郎」だった…続きを読む

もはや科学のかけらもない「ホンマでっか」

最近、TV番組「ホンマでっか」が変容しつつある。昔は科学者陣をそろえて、世の中の不思議を“科学的に解明する”番組だった。明石家さんま氏が仕切って、面白おかしく科学の“新常識”を伝える番組として好評だっ…続きを読む

占い以上の精度は欲しい「地震予報」&「気象予報」

このところ「地震予報」が立て続けに外れている。そういえば大雨などの「気象予報」も外れが少なくない。特に、地震予報の方は一瞬、緊張感が走るだけに、何も起こらないと「オオカミ少年」のようにだんだん信頼度が…続きを読む

「星」は“芸能界”だけに輝くのではない

よく「成功する」という言葉が使われる。確かに、人として生まれて、成功しないより、成功する方が良いに決まっている。けれども、必ずしも“華やかな成功”が良いとは限らない。また“若いうちに成功”するのが良い…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.