今日の迷言・余言・禁言

81歳「心中」“見せかけ殺人”なのか?

昨日まで入院していた81歳の女性が、退院と同時に“元夫の殺人容疑”で逮捕された。馬場妙子容疑者だった。けれども彼女は「心中しようとしたのだ」と言って殺人を否定している。今月16日午前4時ごろ、博多港から元夫を突き落として溺死させた容疑だ。救助された彼女の方は、そのまま3日間入院していた。う~ん、心中にしては元夫が飛び込んだ位置と、彼女自身が飛び込んだ位置とが違い過ぎている…。飛び込んだ後、彼女の方は桟橋の鎖につかまっていて救助された。警察の調べでは、彼女が元夫を後ろから突き落とし、そのあと彼女自身も飛び込み、心中を偽装したとみているようだ。それにしても、この元夫というのが数十年間も別居していた夫で、しかも、今年5月に離婚が成立している。彼女は「借金などの関係で道連れにしようとした」とも供述しているが、借金取りにでも追われていたのだろうか。とにかく、客観的に見て、この女性は元気である。まず81歳の女性が、元夫を桟橋から突き飛ばして溺死させたとすれば、最初から体力には自信があったのだ。そうでなければ、自分も飛び込んで桟橋の鎖を掴んで助けを待つ…という冒険はとても出来ない。もし、これが「保険金殺人」だとすれば、今年5月に離婚しているのが奇妙である。仮に元夫が死んで自分が生き残ったとしても、その保険金は彼女の手に入らない。つまり借金などから逃れるための殺人であれば、元夫が死んだからといって、その借金は返せない。子供がいれば、その子供に頼み込むことは可能かもしれないが…。それとも、純粋に「道連れ」を狙ったものなのだろうか。これまで一緒に暮らし続けていた夫であれば、道連れというのも理解できるのだが、数十年も別居していたのでは“道連れ”自体が不可解となる。よく解からない関係と事件だが、81歳で“元夫”を道連れにしたいという発想自体がやるせないし、何かしら哀しい…。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.