今日の迷言・余言・禁言

70年前の「犯罪絵画」、今は「2億7000万円のお宝」

ときどき大昔の貴重な絵画が発見される。そして、途方もない価格が付けられて驚く。今回の発見は、実際には「発見」というよりも、隠してきたものを進呈した、と表現する方が正しいように思う。隠して来たのは、ダンカン・グラントというイギリス人画家の“性的絵画のコレクション(422枚)”である。どうして隠して来たのかというと、今から70年前は「同性愛」や「複数性愛」の絵画を描くことも、所有することも、共に犯罪だったからだ。つまり“特殊性愛”を描くことは厳格に禁じられていた。その“禁じられた世界”に挑んだのが画家ダンカン・グラント氏だったのだ。彼は、人目を忍んで422枚も描いたのだが、自宅に置いておくのは「危険」と感じて、友人にそれを託した。そこで、友人はそれを秘蔵したのだが齢を取ってきたとき、また、それを若い誰かに託さねばならなかった。こうして、一般には1960年代には処分されたと思われた“グラントの性的絵画”は、何人もの友人たちのベッドの下で眠り続けたのだ。実はグラント氏は、芸術家集団「ブルームズベリー・グループ」に属していた。この集団は現在では「チャールストン財団」という形に変わって存続していた。したがって、そこに預けるのが望ましい形であると判断した。今なら、同性愛であろうと複数性愛であろうと「罪」には問われない。こうして、ベッド下の眠りから覚めたかのような“性的絵画コレクション”は、本来の居場所に戻ったことが発表された。それにしても70年前に「犯罪」だった絵画を400枚以上も描き続けた執念もすごいが、それを“価値あるもの”として秘蔵し続けてくれた友人たちに、故グラント氏は感謝し続けていることだろう。こんなことを言うと叱られそうだが、私には正直とても2億7000万円もの価値があるようには見えないのだが…。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.