今日の迷言・余言・禁言

64%が「婚活」の“出逢い”を休止

最近の調査によると、近年の“成婚者”の場合、4人に一人は「マッチングアプリ」などの“婚活サービス”を利用しているという。そういうものを活用する方が「結婚」に到達しやすい時代に入ったということだろう。正直、私は「マッチングアプリ」などの仕組みをよく知らないのだが、なんとなくは想像できる。それはそれで良いことだと思うのだが、その“婚活サービス”を利用していた人たちが、今回の“コロナ騒動”で「密接」のリスクを避けるため、とりあえず今は婚活を64%の人達が休止しているというのだ。もっともな選択だともいえるが、何んともアッサリ過ぎて「婚活」の優先順位は、その程度のものなのかと少々拍子抜けする部分もある。大体「婚活」などというものを行わなくても、本能的に“好きになる相手”が出て来るのが、われわれの青春時代だった。いま思えば、何んと性懲りもなく“恋活”を繰り返していたことか。あの頃、もう少し“仕事”に対して意欲的であったなら、会社員としての成果を上げられていたと思うのだが…。ともかく「時代が違う」と言われればそれまでだが、青春時代は本能的に恋愛(片想いも含めて)する本能を持っている方が輝いて見える。いや青春時代でなくても、人は恋愛をしている方が、活き活きと輝けるものなのだ。時代を反映するように、現代は“恋愛の歌”が少ない。TVドラマでも“純粋な恋愛”を扱ったドラマが少ない。歌でも、ドラマでも、人は“純粋に恋する”ものに共感しやすい。どこか、ゲーム化されたような恋愛には共感しきれない。「マッチングアプリ」を提供している会社も、オンラインによる“デートシステム”に切り替えつつあるというが、なんとなく味気ないし、営業マンとして優秀な人達だけが評価されそうで、“癒し”を求める家庭とは相いれないシステムのような気もする。結局“コロナ騒動”が早く収まらないと「結婚」に至る“出逢い”のチャンスさえも、摘み取られてしまいそうな婚活者達。


最近の記事はこちら

「神様」にも「マスク」は必要だったのか⁉

偉大なる建築家アントニオ・ガウディ氏の“没後100年”を記念して“完成”する予定であったスペインの「サグラダファミリア教会」がピンチを迎えている。新型コロナによって“工事中断”を余儀なくされている建設…続きを読む

「嘘」はついていないような気が…

女性同士がぶつかり合う場合、その気迫がすごいと、なかなか男性はその中に割って入れない。そうなりそうな対立の予感が国会の中で勃発している。自民党の杉田水脈(53歳)氏と共産党の田村智子(55歳)氏だ。杉…続きを読む

来るか「印鑑」が“不要”になる日

新政権になって河野太郎行革大臣が「ハンコ不要」に取り組みだしている。もちろん、これは役所の“行政手続き”に限ってのことで、一般社会にまで強制する“簡素化”ではない。ただ、これまで一番「ハンコ」にこだわ…続きを読む

元気があれば「脱獄トンネル」も掘れる⁉

人間には簡単に世をはかなんで自殺してしまう人もいるが、たとえ“死刑囚”になっても、せっせと「脱獄トンネル」を掘り続ける人もいる。しかも、彼の場合には、それが“初めて”ではなかった。2017年にも一度ト…続きを読む

「もう良いのでは…」と言いたい“極細ウエスト”

世の中、いろいろな分野で「世界一」を目指す人はいる。アメリカのジョージア州に住む1児の母サミー・ウィルソン氏(26歳)は2年前まで、お世辞にも“美しいプロポーション”とは言えなかった。体重が89㌔もあ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.