今日の迷言・余言・禁言

64%が「婚活」の“出逢い”を休止

最近の調査によると、近年の“成婚者”の場合、4人に一人は「マッチングアプリ」などの“婚活サービス”を利用しているという。そういうものを活用する方が「結婚」に到達しやすい時代に入ったということだろう。正直、私は「マッチングアプリ」などの仕組みをよく知らないのだが、なんとなくは想像できる。それはそれで良いことだと思うのだが、その“婚活サービス”を利用していた人たちが、今回の“コロナ騒動”で「密接」のリスクを避けるため、とりあえず今は婚活を64%の人達が休止しているというのだ。もっともな選択だともいえるが、何んともアッサリ過ぎて「婚活」の優先順位は、その程度のものなのかと少々拍子抜けする部分もある。大体「婚活」などというものを行わなくても、本能的に“好きになる相手”が出て来るのが、われわれの青春時代だった。いま思えば、何んと性懲りもなく“恋活”を繰り返していたことか。あの頃、もう少し“仕事”に対して意欲的であったなら、会社員としての成果を上げられていたと思うのだが…。ともかく「時代が違う」と言われればそれまでだが、青春時代は本能的に恋愛(片想いも含めて)する本能を持っている方が輝いて見える。いや青春時代でなくても、人は恋愛をしている方が、活き活きと輝けるものなのだ。時代を反映するように、現代は“恋愛の歌”が少ない。TVドラマでも“純粋な恋愛”を扱ったドラマが少ない。歌でも、ドラマでも、人は“純粋に恋する”ものに共感しやすい。どこか、ゲーム化されたような恋愛には共感しきれない。「マッチングアプリ」を提供している会社も、オンラインによる“デートシステム”に切り替えつつあるというが、なんとなく味気ないし、営業マンとして優秀な人達だけが評価されそうで、“癒し”を求める家庭とは相いれないシステムのような気もする。結局“コロナ騒動”が早く収まらないと「結婚」に至る“出逢い”のチャンスさえも、摘み取られてしまいそうな婚活者達。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.