今日の迷言・余言・禁言

51年をかけ「1400勝」の快挙なのだが…

人には世間的に“目立ちやすい人”と、“目立ちにくい人”とがいる。例えば昨日、1400勝を達成した名人がいるのだが、さて、あなたには誰かわかるだろうか。というか、この報道をあなたは見掛けているだろうか。一応、全国ニュースで流れて良いニュースなのだが、報道機関によっては完全に無視してしまったところも多い。プロとして「1400勝」というのは偉大な数字である。しかも、一応「名人」なのだ。さらに51年間という年数をかけなければ達成できなかった記録なのだ。それにしては何故か“小さな扱い”だ。かくいう私自身も、初めて、その名を知った。小林光一名誉名人(66歳)。囲碁世界で史上3人目の1400勝達成である。結局、どんなに“偉業”でも、その世界の人なら“知っている人”でも、それ以外の人達にとっては「ふ~ん、そんな人いたの」で終わる人物は山ほどいる。もちろん、“名誉名人”というくらいだから、囲碁世界において成功者であることは間違いがない。当然、その才能もずば抜けていたから“プロ世界”で1400勝を達成できたのだ。おそらく収入だって、それなりのものを50年間にわたって得て来ているに違いない。それなのに、世間の“多くの人”にとっては、何も無かったかのように通り過ぎていく。その一方で、大した“数字”は掲げていないのに、やたらマスコミに登場する人達がいる。いつの間にかわれわれに名前を知られ、顔を知られている人がいる。例えば芸人とかタレントとかスポーツ選手などで、大した実績や経験もないのに、誇れるような記録もないのに、それでもいつの間にか「顔」になっている人たちがいる。私は時折、地味な新聞紙上などで取り上げられている人物の“偉業”とか“記録”とかに驚いてしまうことがある。もう少し公平にマスコミは報道できないものなのだろうか。何度も、同じ人物だけを取り上げたり、くだらない一挙手一投足を追いかけたりする報道は「大衆紙」的なものとして、別ジャンル扱いして良いような気がするのだ。もちろん、地味な報道すべてになってしまうと、それはそれでつまらない。だからその辺は難しいのだが、地味な人であっても“大記録”や“偉業”の時だけでも、大きく報道してあげて欲しい。


最近の記事はこちら

新社名「大樹生命」は、“巨木”に生れ変れる⁉

古くからの会社が継続していることで知られる“生命保険”業界。会社そのものの業態についはよく知らなくても、その社名だけは“知っている”という企業が多い。そういう企業名の一つであった「三井生命」が、今年4…続きを読む

日本が「告発社会」に変わっていく“怖さ”

昨日から今日にかけて、二つの“小さな出来事”がニュースとなった。その両方を読みながら、最近の日本が徐々に北朝鮮と同じような「告発社会」に変わりつつあるような気がして怖くなった。小さな出来事の一つは29…続きを読む

誰でも“身の丈に合った生活”が心地好い

大昔のアイドルで現在は女優の大場久美子氏が18日にブログを更新し、現在のサラリーマンの夫との“質素な生活”が「とても心地よくリラックスできる」と綴っている。もう少しで“還暦”を迎える今になって気付いた…続きを読む

「宗教」が世界の「平和」を奪っていく

サウジアラビアの記者がトルコの大使館内で殺害された事件は記憶に新しいが、政権批判はどの時代や地域においても“暗殺”の対象となる。特に、それが“宗教批判”とも密接に関わっている場合、その危険性がより高く…続きを読む

「過去は幻」なぜ「今」を信じなかった⁉

誰にでも「過去」はある。時には“触れてはならない過去”もある。日本でも年末になると、普段は「宝くじ」を購入しない人が、不意に思いついて“宝くじ売り場”に並んだりする。この人も、そういう人の一人だった。…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.