今日の迷言・余言・禁言

49年間の逃亡者も「終身刑」に“時効”はない

日本とアメリカでは“犯罪者”の扱い方もいろいろと異なる。日本では「祖母の葬儀に参列するため」という理由では、おそらく“仮出所”は認められない。アメリカの場合には「OK」が出る場合もあるらしい。そういう形で1971年「終身刑」を受けていたレナード・モーゼスは“仮出所”を認められた。ところが、その仮出所を巧みに利用し、モーゼス受刑者は“完全逃亡”に成功する。彼がどういう方法を使ったかは明らかではないが、警察からの包囲網を逃れたのだ。その後、完全に彼の目撃情報は途切れた。もちろん、全米に「指名手配」されたが、その足取りさえもつかめなかった。こうして45年が経過した2016年になって、家族の再調査やTV番組も駆使した“見直し捜査”も試みられ、2000件以上の情報は寄せられたが、本人に直接結び付く情報は得られなかった。ところが、今年になって事件は急展開する。規制薬物の違法な処方箋を書いた容疑で、ポール・ディクソンという薬剤師が捕まった。警察では念のため“指紋照合”を行う。そうしたところが、その人物の指紋が、あの指名手配犯であったレナード・モーゼスに一致したのだ。なぜか1999年から「モーゼス」は「ディクソン」として“薬剤師”を生業としていた。元々モーゼスは「終身刑」ではあるが“凶悪犯”であったわけではない。1968年に起こった「キング牧師暗殺事件」の時に、黒人たちの多くが暴動を起こしたその中の1人だった。たまたま彼の投げた火炎瓶の爆発でメアリー・アンプロ氏が大火傷を負い死亡した。それが「終身刑」の決め手となった。偶然だったとはいえ、死傷させてしまった罪は重い。それでも、彼はいつの間にか、生きながらえるための“二つのもの”を手に入れていた。偽名としての“新たなる人物名”そして“薬剤師”としての知識&資格である。この二つがあれば、日本と違って広大なアメリカなら生きていける。それなのに、どうして“違法薬物の処方箋”など書いたのか。もしかすると彼は、もう自分が「終身刑」であったことを忘れていたのではないか。背中に背負うべき“重い十字架”は、決して消えないのだ。


最近の記事はこちら

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

「苦労」や「お騒がせ」の活かし方

人には比較的穏やかと言うか、平坦というか、特別大きな出来事もなく、表面上では“つつましく”人生を歩んでいる人もいる。その一方で、誰が見ても“波乱万丈”にしか思えないような人生を歩んでいる人もいる。その…続きを読む

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

「コロナ」降って「米中」固まる⁉

諺に「雨降って地固まる」というのがあるが、激しくぶつかり合って来た「米・中」とも、ここに来て“変化の兆し”が表れてきた。昨日、中国の習近平主席は「日・米・豪」などが参加しているTPPの参加に“前向き”…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.