今日の迷言・余言・禁言

44億円の「損失」と、40億ドルの「含み益」

珍しく弱気に「悔やんでも悔やみきれません」とのコメントを公表したのは「ZOZO」の創業者で実業家の前澤友作氏である。株式投資の失敗で44億円もの損失を出したというのだ。彼にとっての“44億円”が、どのくらいの価値なのかはわからないが、謂わずと知れた“大金持ち”であっても、さすがに何十億もの損失はこたえたようだ。同じ日、もう一人の“大金持ち”である孫正義氏が率いるソフトバンクグループが株式投資で“40億ドルの含み益”を出したという報道が出た。こちらの方は、個人ではないので、単純に比較はできないが、それでも“40億ドル=日本円で4250億円”の含み益というのは大きい。ソフトバンクグループと言えば、昨年は何千億円もの投資事業に失敗し、巨額赤字を計上したことは記憶に新しい。ところが、元々たたき上げの投資家ともいうべき孫正義氏はまったく気にしていなかった。投資事業がダメなら株式投資で行こう、とばかりに手法を変え、今度はあっという間に何十億ドルもの“含み益”だ。それぞれの“生き方”なので、それに対して口出ししようとは思わないが、人間というのは“自分に不向きなこと”に手を出すと失敗しやすい。前澤氏の場合、最近行っている「お金配りオジサン」という、よく解からないキャラクターは必要なのだろうか。正直言って、私は止めた方が良いと思うのだ。それは、彼の“慈善事業的な行為”そのものが悪いというのではない。それはそれで立派な行為ではあると思う。但し、彼には似合わない。そういう行為は、多数の事業・商売を手掛けて、もう新たな事業からは手を引く…という完全隠居状態になってから、行った方が良い。まだ、現役でこれから次々新たな事業・商売を手掛けていこうとする人物が行うことではない。仮に、本人にはその気がなくても、それは“誤解”を受けやすいし、本業の足を引っ張るようなことにもなりやすい。それに、ほんとうの慈善家というのは、慈善行為を行う一方で、一発勝負に出て大金を増やそうとはしないものなのだ。せっかく“優れた事業家的な素質”を持っていて、まだ44歳の“働き盛り”の人物が、隠居老人と同じような役割を担ってはならない。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.