今日の迷言・余言・禁言

420万円で購入した「死のパスポート」

時々アジアで生まれて欧米に渡り、大成功を収める人達がいる。おそらく彼らも、そういう「夢」に賭けてみたのかもしれない。自国で成功したとしても、たかが知れている。そうであれば思い切って時代の先端を行く国で自分の力を試してみたい。「英国」への密入国は、彼らにとって“夢の第一歩”となるはずであった。もちろん、密入国が犯罪であることは誰でも知っている。そのルートを確保してくれる者に“法外なお金”を手渡さなければならないことも知っている。けれども“夢への第一歩”に続く野心の方が勝っていた。こうして彼らは密入国代金としての150万円~420万円を“組織の男”に支払ったのだ。その代りとして“真新しいパスポート”を手渡される。それは中国で発効されているパスポートの“偽造品”だ。したがって本当はベトナム人だが、中国人名のパスポートとなっている。この事件が発覚した時、警察は最初「39名全員が中国人」と発表した。それはパスポートが中国のもの(偽造品)だったからだ。けれども、実際にはベトナム出身者が20名も混じっていた。彼らは冷凍機能付きの大型コンテナに乗り込み、ベルギーのブリュージュ港から英国のバーフリート港へと入り、アイルランドから来た大型トラックに積み込まれてロンドン近郊へと向かっていた。無事、ロンドンまで辿り着けば、密入国に成功して“パスポート所有の中国人”となることが出来る筈であった。けれども、どこでどう間違えたか、或いは故意なのか、途中からコンテナ内は急速に冷凍化されていった。中に居た密入国者たちの誰もが唖然となった。こんな筈はない。どうしよう。もちろん扉は絶対に開かない。大きな声を出す。けれども、大型トラックは無情に走り続ける。運転手に声は届いていないようだった。全身がどんどん冷凍化される。密入国者の一人ファン・マイさんはベトナムに居る母親に向けてメールを送っている。「私が外国に向かった方法は成功しなかった。本当に愛しています。息が出来ない。死にそう」彼女は親戚中から集めた420万円を支払っていた。ベトナムから中国に渡り、そこからフランスに飛んだ。そして英国に渡ったのだが、そこで警察に捕まりフランスへと強制送還されてしまった。それなのに再度、英国に向かおうとして、このコンテナに乗り込んだのだった。神は時々「無言の警告」を発する。そこで留まって置けば、このような事件に巻き込まれなかったのに…と思うことが多い。“幸せな生活”を望むのであれば、神から発せられる「無言の警告」を決して振り切ってはならない。


最近の記事はこちら

手相の頭脳線と「認知症」の関係

人間は誰でも齢を取る。そうすると誰でも弱っていく。肉体的に弱っていくのは当然で仕方がないのだが、頭脳が弱っていくのは困る。生活に支障が出るからだ。漫画家でタレントの蛭子能収氏がTVの“健康診断番組”で…続きを読む

40か国「世界500店舗」紳士ブランドが破綻

かつてはウォール街で一番人気だった紳士ブランド「ブルックスブラザーズ」が銀行に“破産申請”を出した。創業200年、リンカーン大統領やケネディ大統領も愛用したスーツの老舗ブランドで、世界40か国、500…続きを読む

「野性の本能」を“許す”ことへの疑問

“動物愛護”とか“動物保護”とかに対して、異常に熱心になる人達がいる。そういう人達が、本当に“愛情深い人”なのかどうか、疑問に思うことが多い。スイスのチューリッヒ動物園で7月4日の午後、来場者たち多数…続きを読む

もはや「温帯気候」ではない日本列島

日本の場合、やはりと言うべきか「防ぎようのない自然災害」の“新しい波”は「集中豪雨」で襲ってきている。それが異常な“今年だけの現象”になるのか、それとも“その後も続く開始年”になるのか見極めは難しい。…続きを読む

「先住民族」に勝てない「文明」という“錯覚”

われわれはどうしても「先住民」とか「原住民」という言葉を聴くと、アフリカの人々を連想しがちである。けれども、実際にはアフリカのほとんどは“文明社会”である。けっして弓矢を持って生活していない。そこへ行…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.