今日の迷言・余言・禁言

40代~50代「未来」のナイショ話

昨日、興味深い推計が総務省から公表された。とうとう日本では“5人に1人が70歳以上”という時代に突入したのだ。そう言えば確かに、デパートで見掛ける“顔”には“お年寄り”が多い。そして自分も、そこに向かって刻々と近づいている。誰でも齢は取りたくないが、それでも確実に“齢”の方からやって来る。数字的に言えば現在日本の総人口は、大体1億2600万人だが、そのうちの2600万人が70歳以上なのだ。逆な言い方をすれば、70歳前が1億人。なかなか“切りの良い数字”ではないか。おめでたい。けれども、そのうちの多くは40代以降で“70歳”が刻々と迫って来る年齢にある。そこで「未来」である70歳になって以降、あなたは「幸せ」でいられるだろうか。実は70歳以降になっても「幸せ」でいるためには、三つのものが必要なのだ。その一つは“健康”であり、その一つは“お金”であり、その一つは“生きがい”である。この三つがあれば70歳以上になっても幸せで居られる。どれかが欠けてしまうと、長寿ではあっても、楽しい老後を送ることは難しい。ところが、人間の運命はわからないもので、例えば、あなたが今、40代とか50代だったとして、現在の状態がそのまま70歳以降も続いていく保証はない。継続する場合もあるが、逆転してしまう場合もある。例えばいま“健康”だった人が“持病”を抱えるとか、いま“お金”で苦労している人が“お金”には恵まれているとか、いま“生きがい”を持てないでいる人が“生きがい”の中で生活しているとか…。つまり「いま」が、そのままの形で継続していくとは限らないということだ。因みに、“生きがい”は何であっても良い。例えば、退職後に始めた仕事でも良いし、ボランティアでも良いし、趣味の活動でも良いし、習い事でも良いし、孫の世話でも良いし、友人とのお茶会でも良い。要するに、自分自身が“生きがい”を感じられるものなら何でも良い。何かは持っていた方が良い。世間的な評価など気にしなくても良い。むしろ、気にしないで行えるものの方が良い。“お金”は通常の生活をしていくのに支障がない程度はあった方が良い。人間というのは“ぎりぎりの生活”を続けていると精神的に荒んでしまいやすいものなのだ。よく「お金で幸せは買えない」という人がいるが、お金は“多過ぎ”ても幸せを買えなくなるし、“少な過ぎ”ても幸せを買えなくなる。“適度なお金”が一番“幸せ”というものを購入しやすい金額なのだ。健康運というのは一番“不可思議な運”で、占いで“何とかする”のが難しい分野だ。ただ幼少期に“病弱”だった人が中年期以降に健康となるとか、中年期まで病気一つしなかった人が60代以降あちこち支障が出てくるなど、正に“神のみぞ知る”部分が多いのが特徴だ。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.