今日の迷言・余言・禁言

4月に連鎖する「経営破綻」どう食い止めるか

もはや私が年初から怖れていた「防ぎようのない自然災害」は、怖れていた以上の“危険な連鎖”を生み出した。私は最初1月17日の時点で《「豪」→「比」→「 」の自然災害》という形で“未知の何か”が、フィリピンより上の地域で生まれることを予感した。そして1月25日に《次の「 」は「中」“新型ウィルス”だった⁉ 》と書いた。この時期には、まだ世間は何も騒ぎ立てていなかった。次に2月3日《「国家非常事態宣言」が次々発動される⁉ 》という形で、ソマリアのことを書きながら、今年が“特別な年”になっていくだろうことを予告した。さらに2月25日《「 」からの「人工ウィルス」大暴落 》として、中国で発生したウィルスが“人工的なものである可能性”と、既にアメリカにも存在している可能性、そしてそれが原因しての“株価の大暴落”が生じつつあることを論じた。けれども世間は、まだまだこの時点では「防ぎようのない自然災害」がもたらす混乱と実害を予測している人は乏しかった。私が、とどめとして《「政府」か「日銀」か、どちらか動かないと…》と書いたのは2月29日のことである。もちろん、世間も、政府も、日銀も、私の書いていたことの“後追い”をするような形で、動き出していた。私は、誤解をされると厭なので書いておくが、自分の予告や予感が「当たる」とか「当たらない」はどうでも良いのだ。それよりも、こういう悪い予感が的中してほしくないので、あえて書くようなところもある。「未来現象」というのは口に出すことで、その通りではなく“少し形を変えて”具現化されるケースが多いからだ。「予知夢」などでもそうだが、夢で見た通りになるのかというと、必ずしもそうではない。けれども、その根本とする部分は“その通り”である場合が多い。さて、以前にも述べたように、今年は「庚の年」だが、月では4月が「庚の月」に当たる。したがって、この月に“今年を象徴する出来事”が生じることになる。つまり、社会現象としては「経営破綻の連鎖」が生じそうな気がしてならないのだ。もちろん、このように記すことで、少しでも“違った形”に変じてくれる方が良い。そのためには、とりあえず4月には“自粛生活”が解除されないと…。


最近の記事はこちら

「東洋の神秘」が崩れ去る時

私は時々“東洋人”と“西洋人”には、“男”と“女”の違いにも似た“違い”を感じることがある。この人の場合など、その“違い”がプラスに働いた典型なのだ。その名は「こんまり」こと近藤麻理恵氏のことである。…続きを読む

「ペスト・感染症」が歴史を塗り替えて来た

厳密に言えば「新型コロナ」と「ペスト」は同一ではないが、運命学的な見地で言えば“同類感染症”である。そこで、現在のような状況に陥った時、もっとも重視すべきは「ペストの歴史」なのだ。ペストというのは“ネ…続きを読む

「誰も悪くない」という奇妙な結論

裁判上の“争い事”には、時として“双方痛み分け”のような結論になるケースがしばしばある。この事件の場合、本来の主役は「無言」を貫く。あれほど騒ぎ立て、マスコミさえもリードし、全国のアイドルファンを味方…続きを読む

一寸先が「闇」から「金」へ⁉

予測しにくい状態のことを「一寸先は闇」というが、まさに「人の運命」はその代表的なものである。池江璃花子選手と言えば、水泳界における“我が国のホープ”である。ところが、昨年、予期せぬ“病魔”が彼女を襲っ…続きを読む

“感染”と「サターンリターン」の不思議

タレントの志村けん氏が“新型ウィルス”の感染者だったことが判明した。その志村氏が出演した番組が放送され、その中で39年も前に“結婚”を意識して交際した女性の名が明かされ、その女性との再会も果たすことが…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.