今日の迷言・余言・禁言

39歳すべて失い、71歳“5大会五輪出場”の人生

本当の人生はもろもろ全てを失ってから始まる。時折、そう感じさせるような人物がいる。大井利江氏などは、その典型と言える。71歳で五度目のパラリンピック出場の切符を手にしたのだ。しかも、この人、49歳までは本格的な陸上トレーニングなどしたことがなかった。元々はマグロの遠洋漁業の漁師だった。39歳の時にミッドウェー沖で20㌔もある漁具が背後から首に落下し頸椎を骨折。肩と腕以外の神経が損傷して“車いす生活”の身となった。自暴自棄がしばらく続いた。リハビリの水泳をしていた時にリハビリ仲間から“円盤投げ”を勧められた。49歳になっていた。試しにやってみると面白くなった。タイミングが合うと素晴らしい飛距離が出る。こうしていつの間にか国際大会にも出るようになり、アテネ五輪パラリンピックにも出場していた。しかも、そこでいきなり銀メダルを得たのだ。それから北京五輪にも出て銅メダルだった。次のロンドン五輪は出場を迷った。東日本大震災の後で満足に練習も出来なかったからだ。それでも出場して10位となった。実は、この時、もう引退しようと考えていた。規定が変わって、今後は“円盤投げ”での出場が難しくなったからだ。ところが2020年に「東京五輪」が開催されることが決まった。それならば何んとか東京五輪に出場したい。そこで、これまでの“円盤投げ”から“砲丸投げ”に種目を切り替えた。これなら出場できるかもしれない。そして見事リオ五輪にも出場することが出来た。そして昨日「東京五輪」出場の切符をかけた大会で、71歳ながら見事それを勝ち取ったのだ。5大会連続出場の記録が、他の選手でいるのかどうか、私は知らない。けれども、出場種目を変えても実力で“日本代表”に選ばれるということ自体が素晴らしい。もっとも常に付き添っている奥さんは、もう疲れた、といっているそうだ。実は、大井氏は子供の頃、プロ野球選手を目指していた。ところが父親が怪我をして働けなくなり、やむなく自分が高校を辞めて遠洋漁業の漁師になった、という経緯がある。彼の“5大会五輪出場”の栄誉は、もしかしたらプロ野球選手として輝かしい成功を収めたかもしれない“人生”の代わりに用意されていた。誰であっても、人生は思い通りになど行かない。理不尽な生活や状況の中で、それでも“一筋の光”を追い求めて生きる人たちに“運命の女神”は微笑みかけることを証明している。


最近の記事はこちら

「気遣い」ある「善い人」が“危ない”

今年になって芸能人の「自殺」が目立つ。三浦春馬氏、芦名星氏、藤木孝氏、そして昨日の竹内結子氏だ。いずれも、一流の芸能人で理由が今一つ判然としない自殺だ。さらに竹内氏の場合、小さな子供まで遺している。通…続きを読む

「神様」にも「マスク」は必要だったのか⁉

偉大なる建築家アントニオ・ガウディ氏の“没後100年”を記念して“完成”する予定であったスペインの「サグラダファミリア教会」がピンチを迎えている。新型コロナによって“工事中断”を余儀なくされている建設…続きを読む

「嘘」はついていないような気が…

女性同士がぶつかり合う場合、その気迫がすごいと、なかなか男性はその中に割って入れない。そうなりそうな対立の予感が国会の中で勃発している。自民党の杉田水脈(53歳)氏と共産党の田村智子(55歳)氏だ。杉…続きを読む

来るか「印鑑」が“不要”になる日

新政権になって河野太郎行革大臣が「ハンコ不要」に取り組みだしている。もちろん、これは役所の“行政手続き”に限ってのことで、一般社会にまで強制する“簡素化”ではない。ただ、これまで一番「ハンコ」にこだわ…続きを読む

元気があれば「脱獄トンネル」も掘れる⁉

人間には簡単に世をはかなんで自殺してしまう人もいるが、たとえ“死刑囚”になっても、せっせと「脱獄トンネル」を掘り続ける人もいる。しかも、彼の場合には、それが“初めて”ではなかった。2017年にも一度ト…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.