今日の迷言・余言・禁言

3万円はムリ、2万7千円近くは可能!

毎年1月4日から日本の“株式市場”はスタートする。その初日「大発会」は日経平均が741円も値上がりして取引を終えた。なかなか超えられなかった2万3000円の壁をアッサリと通過したのだ。昨年末から、マネックス証券だけは“強気見通し”を発表していて、今年の日経平均の高値を“3万円”に設定している。昨年末が2万2764円だから、一年間に“7200円以上値上がりする”と見ているわけだ。この数字が、いかに“強気”であるかは、10年前の株価を思い出せば解かる。実は2008年10月に日経平均は“6995円”まで下がったことがあるのだ。したがって昨年末の日経平均というのは、その10年前から比べると3倍以上の高値に達していることになる。もし、今年中にマネックス証券の見通し通りに“3万円”まで達するなら、一挙に4倍以上まで達してしまうことになる。さすがに他の証券会社はそこまで強気にはなれず、2万4000円~2万6千円を設定しているところが多い。ところがフタを開けてみれば初日だけで700円以上も値上がりした。おそらく今日も値上がりするだろう。“世界景気に連動する”日本株は、アメリカやヨーロッパの株が値上がりすれば必然的に上がるように出来ている。もっとも、株価というのは日々変動するもので、値上がりし続ける…という保証はない。“急騰”は“急落”を呼びやすいもので、株を購入したことのある人ならだれもが経験している。だからこそ、バブル期に多くの人が天国から地獄を見たので、その経験を持つ日本人は中々楽観的にはなれない。私の占い上では、今年の日経平均は“3万円”まではさすがに無理なのだが、“2万6千500円~2万7千円”の間くらいまでであれば上昇していく可能性がある。それも、どちらかというと夏までで、それ以降まで持ちこたえられる保証はない。むしろ、天井を付けたら急降下という可能性さえある。したがって投資方法として初心者に良いのは1月に購入し、6月前後で日経平均2万6千円台後半まで来たなら“売る”という姿勢で挑むのが一番無難であると思う。もっとも、これは私の“占い上からの見通し”であり、保証は出来ない。アメリカの「ダウ」の出来高が極端に減りだしたら“急落する”と憶えておいて欲しい。


最近の記事はこちら

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

「苦労」や「お騒がせ」の活かし方

人には比較的穏やかと言うか、平坦というか、特別大きな出来事もなく、表面上では“つつましく”人生を歩んでいる人もいる。その一方で、誰が見ても“波乱万丈”にしか思えないような人生を歩んでいる人もいる。その…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.