今日の迷言・余言・禁言

25億円の「UFO」が消えていく…

世の中には“よく解からないニュース”というのがある。アメリカの上院議員が中心になって2007年から“UFO調査を始動させていた”というニュースも、その一つだ。その計画は前上院議員であったハリー・リード氏が主導し、25億円の予算を投入し、民間の“宇宙調査企業”の協力も仰いで秘密裏に行ったもので、軍パイロットなどから寄せられる“あらゆるUFO情報”の調査・研究で、正式名は「先進航空宇宙脅威識別計画」と名付けられている。この名称だけからでも、彼らの“本気度”が窺われる。あらゆる映像や音声の分析・解析などが行われたらしい。けれども何故か2012年で、このプロジェクトは終了している。そして一番奇妙なのは、25億もの予算をかけての調査だったにも拘らず、その結果というか、結論というか、報告というか…どうも、歯切れが悪い“終了”したことだけの公表であることだ。しかも、それは5年前、今頃になって…という感がどうしてもぬぐえない。それなら、それで、わざわざ公表することもないじゃないか、と言いたくなる。それに、25億もの巨費を投じて、イエスでも、ノーでもありません…とは何んとも歯切れが悪い。極端な話「UFOも宇宙人もみ~んな作り話でした」と言われた方が、まだスッキリとする。そうとも言えないということは、やはり「何かがあったんだな」と誰もが思う。それで、その“何か”とは、いったい何だったのか、CGで厭というほど“へんてこUFO”や“へんてこ宇宙人”を見慣れているわれわれは、もうどんな“UFO”や“宇宙人”を見ても驚かないと思うのだが、それでもやっぱり“見てはいけない”ものなのだろうか。この辺は“死後世界”や“霊体”と全く同じで「ハッキリさせてよ!」と、ついついおねだりしたくなる。でもまあ…世の中、解からない方が良いこともあるからなあ…サンタクロースが“仮の姿”だと分かった時のショックは大きかったからなあ…。でも、その時から、私は“物わかりの良い子”になった。あんまりサンタクロースに“無理なお願い”をしちゃいけないんだと悟った。どうも、子供の時から“見えないところを観たがる”悪い癖があって…。


最近の記事はこちら

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

「苦労」や「お騒がせ」の活かし方

人には比較的穏やかと言うか、平坦というか、特別大きな出来事もなく、表面上では“つつましく”人生を歩んでいる人もいる。その一方で、誰が見ても“波乱万丈”にしか思えないような人生を歩んでいる人もいる。その…続きを読む

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

「コロナ」降って「米中」固まる⁉

諺に「雨降って地固まる」というのがあるが、激しくぶつかり合って来た「米・中」とも、ここに来て“変化の兆し”が表れてきた。昨日、中国の習近平主席は「日・米・豪」などが参加しているTPPの参加に“前向き”…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.