今日の迷言・余言・禁言

2017年暮れに予言した清宮選手「手首骨折」

3月3日に行われたオープン戦で日ハム・清宮幸太郎選手が手を故障し途中交代した。そして昨日その診断結果が公表され、右手有鈎骨の骨折と診断された。解かりやすく言うと“手首に近い骨”が折れたのだ。そのニュースを知って、私は2017年の暮れに行った雑誌用の“自らの予言”を思い出した。私は毎年『クオリティ』という雑誌の新年号(1月発売)に“その年の出来事”を占い上から予言している。実際には、その前年の年末に“インタビュー形式で占う”ことが多い。ただ道内“政財界を扱った雑誌”なので、道内書店には並ぶが全国発売はしていない。昨年、つまり2018年の新年号の中で、この段階ではまだ清宮選手は“日ハム入団”が決まったばかりだが《清宮幸太郎選手については、早い時期からホームランを打ち、活躍する可能性は十分にあります。ただ、肘や手首、その周りなどを痛めやすい要素があるのと、守備面に若干脆い部分があると示されている…》とインタビューの中で判断している。もちろん、これはあくまで占い上からの判断であって、野球など子供時代から苦手だった私が“解説者的に見抜けた”わけではない。私は誰でもそうだが、先入観など持たずに占う。だから時としては、多くの世論とは異なる評価とか判断を下すこともある。もっとも、この判断は「2018年」の占いとして掲載されているので、的中したと言い切れるかどうかは微妙ではある。ただ野球選手は「脚」「肩」などを痛めやすいが「手首」周辺はそんなに痛める場所ではない。そういう部分を予言するのはなかなかに勇気がいるのである。怪我だけでなく、病気にしてもそうだが、体調の変化は何年も前から事前に占い上“予兆”されている場合と、まったく“予兆”なく、その直前になって赤信号が点滅し始める場合とがある。例えば手相などでは何十年も後になって発生する事故や病気が早くから“予兆”されるケースもあるし、その直前(4~5日前)まで何ら事故や病気が“予兆”されないケースもある。その辺の違いが何によって生じるのか、正直なところ私にはわからない。予見できていた場合でも、“大難”を“小難”に喰い留めることは出来るが、完全に無くすのは極めて難しい。


最近の記事はこちら

“最悪三人組”が経営する「怖~い病院」

「類は友を呼ぶ」という言葉があるが、確かにそういう傾向はある。昨日、福岡県警に摘発された医師達などは正にその典型と言える。どういう仲間だったのかというと、まず一人目は院長で井上勉(61歳)。この人物は…続きを読む

ジェドカラー「貴族の墓」は“大発見”の予兆か⁉

4月13日エジプトのサッカラで、今から4400年前のものとみられる「貴族の墓」が報道陣に公開された。古代エジプト王朝で言えば第5王朝の時代のもので、ギザの大ピラミッドで有名な「クフ王のピラミッド」から…続きを読む

父親が「本当の父親」ではない…と知る時

私は3~4歳の頃「将来、何になりたいの?」と問われて即「天皇陛下になりたい」と応えて母を困らせていたらしい。私自身にその記憶はないが、今考えると妙に気恥ずかしい。それでも十代になると「占い師」に変わっ…続きを読む

神が憑いた「幼児占い」は公開銃殺⁉

「七星組」というグループで全国を回っていたらしい。もちろんアイドルグループなどではなくて、3歳や5歳の子供を使った“いかがわしい神霊予言”グループだ。けれども、元々が“占い大好き”な北朝鮮国民にとって…続きを読む

自らの「死」で“教えた”スタントマン

本来であれば「再現教室」に救急車が到着する予定はなかった。スタント会社で委託されていたのは「横断歩道でも事故は起こる」ということの再現、そのような事故が起きないためには「どこに気を付ければ良いのか」と…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.