今日の迷言・余言・禁言

2兆6000億円の「蕾」と「花」⁉

12月19日に新規上場する「ソフトバンク株」の仮条件が昨日「1株=1500円」と公表された。もちろん、これは“仮条件”なので、実際の“売り出し価格”がいくらになるかは今のところ分からない。ただ、この価格から大きく外れることはないので、比較的“安い株価”で売り出されることが決定した。これは、おそらく、これまで「株」など購入したことがない人にも購入のチャンスを与えたい、という孫正義氏の意向が反映しているのではないか、と私は思う。もちろん、商売人である孫氏は、同時に世間の注目を集めて、結果的にソフトバンクへと投資をさせる戦略でもある。そうでなければ、株を売り出すことを“テレビCM”でなど流さない。つまり、一人でも多くの投資家に“安い公募価格”で購入するチャンスを与え、投資利益を与えてあげたいという気持ち。同時に、これまで「株」など興味を持たなかった“若い世代”に、投資に興味を抱かせ、さまざまな企業を応援させる起爆剤にしたい、という思いがあるような気がする。堅実な日本人の多くは「株」とか「投資」とか「起業」とか「未知」というものに対して懐疑的である。確かに、それらには“失敗”とか“損失”とか“虚偽”が絡んでいるケースも多く、ギャンブルと“同枠”で語られやすい。ソフトバンクも、電話事業はともかく、その本体の方は今や完全に「投資会社」となっていて、しかも、その提携先の第一がサウジアラビアの“王子様”となれば、妖しさが付きまとうのは仕方がない。今回の上場によって得られる資金2兆6000億円も、そのまま“電話事業”ではなくて“新たな投資事業”へと使われる。投資会社と化した「ソフトバンクグループ」が、それをどこに使うのかと言えば、世界中に散らばっている“ひよっ子の企業”である。つまり、将来“大企業になるかもしれない企業”や人物に「どうぞ使ってください」と大金を差し出す。実際、孫氏は、そうやってアメリカの「ヤフー」を育て、中国の「アリババ」を育てた。彼の“目利き”には定評があって、何十年も前から手を打っていく。そういう点では、極めて優秀な“予見能力”を持っている稀有な事業家なのだ。但し、そういう彼でも100%予見が的中するわけではなく、失敗した事例も多い。さまざまな「蕾」に投資して、その中から「大輪の花」を咲かせるものを発見していこうとする。その試みは一般の投資家も、そして占い師が個々のホロスコープや四柱命式から“才能”や“成功”を予見するのも、基本的に大きな違いはない。占い師は山ほどいるが、“目利き能力”が本当に優れた占い師は十人もいない。


最近の記事はこちら

44年前の「UFO誘拐事件」再掲載の謎

昨日「文春オンライン」は、なぜか44年前に起きた“UFO事件”の詳細を載せた。なぜ載せたのか。一応の理由としては《夏に読みたい「怖い話」》ということになっている。だが、私には何となく釈然としない。もし…続きを読む

「共感」という評価で“トップ3”入り

芸能・芸術の世界では時々、本人も予想しなかったような“奇跡”が起きることがある。「機動戦士ガンダム40周年のメモリアルに、こんな奇跡が起こるなんて!」と驚きと喜びを隠せないのが歌手・森口博子氏である。…続きを読む

王女様は公務より「シャーマン」がお好き⁉

日本の場合は「天皇」は「王」とは微妙に異なるので、その娘が「王女」と呼ばれることはない。ただ実質的には「王」及び「王女」扱いを受けていることは事実だ。さて、ノルウェー王室では現在ちょっとした問題が持ち…続きを読む

“終戦記念日”に産まれた「三太郎」

正確にいうと順序が逆で“終戦記念日”に「三太郎」が産まれたのではなく、我父親である「三太郎」が産まれた日がやがて“終戦記念日”となった、ということである。明治38年の生れであるから、もし生きていれば1…続きを読む

“AⅠ”は、なぜ「未来予測」が苦手なのか

近年、遠くない将来には「AI」が人々の日常を手助けするようになる、と言われてきた。既に多くの分野で、その予兆はある。実際ここ十年ほどの間にも様々な分野に「AI」は進出してきた。ところが、どうもいま一つ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.