今日の迷言・余言・禁言

2億円「フランス人形」の“幸せ”

久しぶりに“整形美女タレント”ヴァニラ氏のインタビュー記事が出ていた。何年か前「フランス人形」に憧れて“美容整形”を繰り返している美女として話題になった。ただ整形を繰り返し過ぎて“美女”から“美女⁉”に変わりつつあるようで若干、心配もしていたが…。そして現在、眼が異様に大きくなって、明らかに“整形のし過ぎ”は続いているようだが、自分の“お店”を持ったことで精神的には多少“ゆとり”が生まれて来ているようにも思えた。これまでに掛かった“整形の総額”は2億円を超えているというが、それでも「フランス人形」には成りきれていないらしい。本当は音楽活動の方で活躍したいようだが、自分のお店を持ったことで全国からヴァニラ氏に憧れる女性達が来てくれるようになり、それが彼女に“生きがい”を与えているようだ。それにしても幼い頃、祖母の家で観た「フランス人形」が彼女の一生を定めた。仮に、今後、整形のし過ぎによって顔や体に異常が出て来たとしても、後悔することはないだろう。人は“憧れ”に魂を奪われると、それに“なる”或いは“近づく”ために一生を捧げる。私だって、十代の時、手相家キロに“憧れ”「こんな占い師になりたい」と、この道に進んだ。百年以上前に活躍した手相家は「キロの前にキロなく、キロの後にキロなし」とまで言われた人物である。驚異的ともいえるような“予言的中エピソード”にあふれている。但し、現代では、その多くが“脚色されたもの”であったと批判されている。占い師の“予言的中話”には、実際、後から脚色されるケースも多いので、どこまで本当だったかはわからない。彼の手相書は世界的なベストセラーとなったのだが、今読むと、特別、優れた内容であるとは言われない。ただ、その当時に多くあった“仰々しい内容”の占い書籍と比べると、簡潔で判りやすく、合理的記述が多かった。それと、彼の本には多数の“著名人の手型”が掲載されていて、それが当時としては新鮮だったに違いない。今と違って、有名な政治家、王侯貴族、映画スター、舞踏家、作家、歌手、プロスポーツ選手などは身近な存在ではなかった。そういった人たちの“手型”は載せているだけで価値があったのだ。人は、人に“憧れ”、自分の一生を“賭ける”ケースも多い。例え、その結果がどうであろうと、一生を託すことが出来る“存在”を持つことは幸せなことである。或る意味で“悔いのない生き方”が出来るからだ。そこに到達できることが“幸せ”なのではなく、追い続ける存在を持つことが“幸せ”だからだ。


最近の記事はこちら

「不協和音」は不協和音を生み出した⁉

アイドルグループ欅坂46で不動のセンターとされた平手友梨奈氏が「グループ脱退」を発表した。アイドルグループで使われる「卒業」ではなく自らの意志で「脱退」という表現を択んだらしい。強烈な個性でグループを…続きを読む

「恋」は「世間に謝罪」すべきものなのか

文春報道で俳優の東出昌大氏と女優の杏氏とが別居していることが明らかになった。そして同時に、東出氏が共演女優・唐田えりか氏と“不倫”したことがその決定的原因であるとも報道された。それらの報道を受けて、不…続きを読む

中国の「春節」は「日本」が1位

それが何であっても、1位に選ばれるのは気持ちが良い。ましてや“おめでたいこと”ならなおさらである。このほど中国の旅行予約サイトで、興味深いランキングが発表された。今年の春節期間中、どこに出掛けるか、そ…続きを読む

「日本刀」で、妻と弁護士の魂を分つ⁉

アメリカ人には時々、ユニークな行動を真顔でとる人がいる。カンザス州に暮らすデビット・オストロム氏もそういう一人だ。彼は今、妻から“離婚訴訟”を起こされ、その内容にひどく憤慨していた。そこで彼は真摯に裁…続きを読む

1日16時間で「歌う弁護士」になる⁉

或る雑誌に、12歳から芸能活動を始め、17歳で歌手になってTV番組エンディングでも使われ、その後大学に入って大学院まで出て外資系製薬会社で働き、33歳から別な大学で法律を学び、5年後に司法試験を突破し…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.