今日の迷言・余言・禁言

1,200,000人が汚職する国

どうも日本人の感覚からは“信じられない”ことを平気で行うのが“中国人気質”らしい。汚職撲滅キャンペーンで、処罰された共産党員の数が一年で120万人もいるというのだ。これが仮に120人だったとしても、日本でなら“大ニュース”となる。つまり、日本人は仕事上で禁じられているようなことは、通常しないし、出来ないものだ。ましてや金銭がらみのことは、よほどのことがない限り実行など出来ない。“良心”がそれを許さないし、管理体制としても、それを周りが許すような“雰囲気”を持っていない。万が一、それを実行したとしても、良心の呵責に日々襲われることだろう。こういう風に書いてくると、なんてわれわれ日本人というのは“善い人たちなんだろう”と思えてくる。それに比べて中国の120万人という数字は、そもそも“汚職”が日常化していて、何ら“罪の意識”なく行われていることを露呈している。大体、本来はそれを取り締まる7900人の“汚職捜査官”が不正行為をしていたというのだから終わっている。これだけの数になると、個人の資質というよりも、国自体の問題ということになる。もう少し“モラル”とか“マナー”とかを幼少時から、国としてきちんと“教え”なければならない時期に来ている。もう、中国は“犯罪がなければ生きていけない”後進国ではないのだ。国内の“汚職撲滅”キャンペーンも良いが、国際的な“ルール順守”もきちんと行ってくれないと困る。特にアメリカが“世界の警察官”ではなくなった今、ここぞとばかりに“世界を荒らされては困る”のだ。古代中国では、尊敬すべき“教え”や“人物”が綺羅星のごとく出現した中国、3000年の歴史の中で“なにをどこに”忘れて来たのだろうか。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.