今日の迷言・余言・禁言

12歳の頃「憧れだった人」からの影響

漫画家の桑田二郎氏が7月2日に亡くなっていたことが昨日、公表された。大昔の漫画家なので、知っている人は少ないかもしれない。途中から「桑田二郎」になったが、私が子供時代に読んでいた頃は「桑田次郎」だった。「月光仮面」「まぼろし探偵」「8マン」などで知られる。私が、小中学生の頃、もっとも憧れ、夢見た漫画家の姿だった。実は小学生の頃、私は「占い師」か「漫画家」か、どちらかになりたかった。若干「占い師」の方に傾いたのが早かったのだが「漫画家」も、同じくらい憧れの職業だった。そして、漫画家になるなら、断然「桑田次郎のような漫画家になりたい」と思っていた。ただ、私はそれほど絵が上手くはなかった。桑田次郎の描く漫画をマネて、いろいろと描いてみるのだが、どうも上手く描けない。これでは漫画家はムリだとあきらめた。ただ、その当時いろいろと描いていたせいで、自分が手相や人相の執筆をするときに、図解は極力自分で描く。どんなに名著でも、あまりにも雑な図解を見ると、描き直してやりたい衝動に駆られる。そういう点では、図解くらいは描けるようになったので、桑田次郎氏に感謝である。観相家の中では大和田斉眼氏と亀田一弘氏が図解を自分で描いた。本来、微細な位置の違いが、意味を違わせることもあるので、観相家は本当は自分で図解も描くべきなのだ。桑田次郎氏の作品の中では、私自身は「まぼろし探偵」がいちばん好きだった。どうして“正義の味方”が、赤い帽子をかぶり、黄色いマフラーをなびかせ、二丁拳銃をぶら下げて、オートバイで登場するのか知らないのだが、とにかく“悪い奴ら”をやっつける最高のヒーローだった。元々、桑田次郎氏の絵はシャープで、漫画とはいうものの“劇画的なタッチ”が含まれていた。それはやがて「8マン」になって以降は強められ、都会的というか、超近代的というか、そういう雰囲気の漫画を描くようになった。ところが、彼は突如逮捕される。拳銃を所持していた容疑だ。連載はストップされ、一時的に漫画界から追放された。その後、しばらく経って、彼は「精神世界の本」を描くようになる。私は、自分の“憧れ”だった人物が、逮捕されたことにショックを受け、それ以降の作品は全く読んでいない。けれども、あの“都会的な漫画描写”は永遠に私のヒーローであり続ける。


最近の記事はこちら

なぜ日本の男性未婚率は“急上昇”したか

発売されたばかりの『データで読み解く「生涯独身」社会』という本が注目されている。データを基として、日本の男女の“未婚率”や“交際率”や“結婚願望”の比率などを示し、特に男性における「生涯独身」が、今後…続きを読む

韓国の芸術家達は、どうして怒らないのか⁉

韓国がまたベルリンに「慰安婦像(平和の少女像⁉)」を設置したらしい。私は、いつも思うのだが、どうしてこんな“センスのかけらもない”彫像を世界のあちこちに設置するのだろう。そして、韓国にだって芸術家はた…続きを読む

「気遣い」ある「善い人」が“危ない”

今年になって芸能人の「自殺」が目立つ。三浦春馬氏、芦名星氏、藤木孝氏、そして昨日の竹内結子氏だ。いずれも、一流の芸能人で理由が今一つ判然としない自殺だ。さらに竹内氏の場合、小さな子供まで遺している。通…続きを読む

「神様」にも「マスク」は必要だったのか⁉

偉大なる建築家アントニオ・ガウディ氏の“没後100年”を記念して“完成”する予定であったスペインの「サグラダファミリア教会」がピンチを迎えている。新型コロナによって“工事中断”を余儀なくされている建設…続きを読む

「嘘」はついていないような気が…

女性同士がぶつかり合う場合、その気迫がすごいと、なかなか男性はその中に割って入れない。そうなりそうな対立の予感が国会の中で勃発している。自民党の杉田水脈(53歳)氏と共産党の田村智子(55歳)氏だ。杉…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.