今日の迷言・余言・禁言

1万人釈放で「犯罪」は感染しないのか⁉

世の中「強引な手法」というのは、あとになって“ツケ”が回ってくるケースが多い。フィリピンのドゥテルテ大統領と言えば、犯罪に対しての「強引な捜査や検挙」で知られている。特に、薬物の捜査や検挙では“強権発動”を繰り返してきた。ところが、当然のことながら、容疑者はいったん拘置所に入れなければならない。「刑」が定まっていない容疑者は、拘置所に集められる。どんどん集められる。ところが肝心の「裁判」の方は、どんどんとはいかない。つまり検挙に対して、裁判が追い付いていかないのだ。そうするとどうなるかというと、拘置所がいっぱいになる。フィリピンの拘置所はぎゅうぎゅう詰めなのだ。そこで何が発生したのかというと、勘の良い人は気付くように「新型コロナウイルス」の感染者が出た。拘置所内の入所者側と職員側の双方に出てしまったのだ。それでなくてもぎゅうぎゅう詰めの拘置所内は衛生管理が十分ではなく、中庭で寝る者、階段の下で寝る者など、それ以外の病気も発生しそうな状態である。しかもフィリピンは高温多湿でとにかく暑い。みんな上半身裸である。マスクをするとか、しないとか、そういう問題以前の状態なのだ。本来なら高温多湿の地域はウイルスが繁殖しにくい。だから他の東南アジア諸国は比較的感染者が少ない。フィリピンも3月まではそうだった。ところがここにきて急速に増えだし、昨日までで9223人の感染者、607人の死亡者である。そこで最高裁判所は2日、拘置所内の9731人を釈放したことを明らかにした。早い話が、容疑者たちを裁判所命令で逃したのだ。「命」の方が優先だからである。ただ首都マニラの郊外にケソン拘置所はある。せっかく捕まえたはずの釈放容疑者の数が半端ではない。彼らは一斉に市中に消えたのだ。消えた9731人が、その後にどんな生活をするか誰も予測できない。というか“犯罪”や“薬物”が感染しそうなことが目に見えているのだが、それには目をつぶって、釈放ってドゥテルテ大統領…こういう時には、意外にお静で…。


最近の記事はこちら

社会問題化した「アシュラ」という漫画

年配の方なら憶えているかもしれない。それがジョージ秋山氏の描いた「アシュラ」「銭ゲバ」「現訳聖書」といった一連の“強烈な漫画世界”である。今日ではジョージ秋山氏と言えば「浮浪雲」という漫画の方で知られ…続きを読む

「自営型」と「勤務型」の微妙な違い

人には元々「勤務する形での仕事形態」が合っている人と「独立自営する形での仕事形態」が合っている人とがいる。これは多分に“先天的なもの”で、もちろんどちらでも器用にこなせる人もいるが、大抵はどっちかの方…続きを読む

汚れ無き「日本人」&厚かましい「逃亡者」

今年は、いろいろな意味で「日本人」と「外国人」との“違い”を、さまざまなところから感じさせられた。その典型はカルロス・ゴーンという人物である。日産の元会長であり、ルノーの元会長でもあった人物だ。彼は現…続きを読む

習近平主席とトランプ大統領にも「冷却期間30日」を⁉

昨日、中国の全国人民代表大会において「民法典」が可決・成立した。その内容は、中国では夫婦間で「離婚届」を出そうとした場合、“30日間の冷却期間”を待たなければ受理されないよう法改正したもので、来年1月…続きを読む

「神秘思想」が“犯罪化”する時

大昔から変わっていないことの一つに、信仰とか、呪術とか、占いとか、心霊とか、特殊療法とか、精神世界とか、超能力とか……その人の“日常”とは切り離れたところに位置する「思想」は、徐々にカリスマ化され、い…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.