今日の迷言・余言・禁言

74歳で東京五輪の“聖火ランナー”を目指す男

現在74歳で重い病に侵されながら、四年後に行われる東京オリンピックの“聖火ランナー”を目指している人物がいる。元プロレスラーのマサ・斎藤氏だ。実はこの人、今年の12月2日に新日本プロレスの興行でプロレスラーとしてリング復帰することが決まっている。しかも、2000年に始まったパーキンソン病と闘いながら、リハビリを兼ねた(?)レスラー復帰である。どうしてなのかというと、東京オリンピックで“聖火ランナー”を務めたいからのようだ。なんと無謀で、なんと前向きで、なんと滅茶苦茶なリハビリであることか。実はマサ・斎藤氏は、1964年に行われた東京オリンピックで、レスリングの日本代表選手として出場している。謂わば「東京オリンピック」は、彼の故郷なのだ。だから今度はレスリングではなく“聖火ランナー”として、“パーキンソン病に負けない74歳(78歳)レスラー”として晴れ舞台を経験したいのだ。う~ん、感動的。だが、果たしてそれまで命が持つのだろうか。まずは今年の晴れ舞台を“無事”に乗り切れるのだろうか。確かボクシングのモハメド・アリ氏も同じ病気だったような気がするが、そう言えばマサ・斎藤氏も“アントニオ・猪木と闘った男”である。世界に向けてのTV中継はなかったが、現代版「巌流島の闘い」を実現させた。もちろん、特設の野外リング場だったと思う。(この辺、私も記憶が薄れていて定かではない)そして、猪木氏に敗れた。というか、この人、大舞台での“勝利”というのは乏しい。常にトップレスラーとして全米でも知られていたが、私の知る限りチャンピオンとして君臨していた記憶がない。名誉運には乏しいので「聖火ランナー」の名誉を得られるかどうか疑問だが、もう一度、今の時点で“糖尿病の猪木氏”とリング上で再戦することになれば、猪木氏にしても“北朝鮮の悪いイメージ”を払拭でき、最高に盛り上がる試合ができるのではないだろうか。


最近の記事はこちら

「神様」にも「マスク」は必要だったのか⁉

偉大なる建築家アントニオ・ガウディ氏の“没後100年”を記念して“完成”する予定であったスペインの「サグラダファミリア教会」がピンチを迎えている。新型コロナによって“工事中断”を余儀なくされている建設…続きを読む

「嘘」はついていないような気が…

女性同士がぶつかり合う場合、その気迫がすごいと、なかなか男性はその中に割って入れない。そうなりそうな対立の予感が国会の中で勃発している。自民党の杉田水脈(53歳)氏と共産党の田村智子(55歳)氏だ。杉…続きを読む

来るか「印鑑」が“不要”になる日

新政権になって河野太郎行革大臣が「ハンコ不要」に取り組みだしている。もちろん、これは役所の“行政手続き”に限ってのことで、一般社会にまで強制する“簡素化”ではない。ただ、これまで一番「ハンコ」にこだわ…続きを読む

元気があれば「脱獄トンネル」も掘れる⁉

人間には簡単に世をはかなんで自殺してしまう人もいるが、たとえ“死刑囚”になっても、せっせと「脱獄トンネル」を掘り続ける人もいる。しかも、彼の場合には、それが“初めて”ではなかった。2017年にも一度ト…続きを読む

「もう良いのでは…」と言いたい“極細ウエスト”

世の中、いろいろな分野で「世界一」を目指す人はいる。アメリカのジョージア州に住む1児の母サミー・ウィルソン氏(26歳)は2年前まで、お世辞にも“美しいプロポーション”とは言えなかった。体重が89㌔もあ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.