今日の迷言・余言・禁言

1時間に“1兆8000億円”を失う人がいる

私が以前から予言していたように、東芝は切り札である“半導体”を売却せざるを得なくなった。1兆円以上に膨らんだ損失を埋めるにはそれしかないからだ。誰もが“1兆円”という金額に驚く。ところが、この“1兆円”、いや実際には“1兆8000億円”だが、それを何んと1時間で失った人物がいる。中国の大金持ちだ。それにしても“1兆円”は巨額だ。どうやって失ったのかというと、株価が急落したからだ。自分が所有していた“漢能集団”という企業の株価が一挙に47%も急落したからだ。それによって“漢能集団”の株を80%も所有していた創業者・李河君会長の評価額が1時間のうちに1兆8000億円も下がったという話だ。もっとも、彼は大金持ちである。株価が半額近くまで下がって多大な損失を被ったが、仮に、今すぐ売り払っても“約2兆円”が手元に残る。すごい金額ではないか。つまり1時間で1兆8000億円失う人は、それでも大金持ちであることには何ら変わりはないのだ。ただ、この企業の株価が少しおかしい。何しろこの一年間で625%も急騰している。明らかに異常な上がり方なのだ。通常、日本でなら新興企業で一年間で200%くらいまで急騰するケースは稀にあるが、大企業では絶対にありえない。急騰と言い急落と言い絶対におかしいのだ。しかも、その株の80%を握っている。これも日本では考えられないことで、せいぜい創業者が60%くらいまでである。したがって、この株には何かがあるのだ。極端なことを言うと、本人が釣り上げておいて一気に売り切った、という“手品のような手法”があるかもしれない。株一つ見ても中国は、得体のしれない“闇”を抱えている。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.