今日の迷言・余言・禁言

驚異のベストセラー⁉『反日種族主義』日本語訳の誕生

北朝鮮中央通信が9月13日、韓国で出版されている書籍に対して痛烈な批判を行った。北朝鮮のマスコミが海外の民間人が執筆した書籍に対して批評・論評することは滅多にない。どんな本に対して批判したのかというと、いま韓国でベストセラーとなっている『反日種族主義』(イ・ヨンフン他6名の著)という本に対してだ。実は、この本は元々は日本と韓国どちらで出版すべきか、揺れていたという奇妙な経緯を持つ本だ。結果的に本国である韓国で先に出版され、おそらく年内には日本でも“日本語版”として出版される。国内では売れないのではないか…との予測もあったが、意外や意外、予想外の大ベストセラーとなりつつある。日本の場合にも、こういう時期であるから間違いなくマスコミが飛びつき、特に“若い人たち”が購入してベストセラーとなるだろう。それを見越したかのように、北朝鮮では「民族反逆行為としてのあってはならない売国的詭弁の書だ」と“怒り”だけはよくわかる感情的な批判を浴びせている。同じように韓国内でも、一部政治家などから似たような意味合いの痛烈な批判が浴びせられている。ただ元々この本は学者・研究者たち6名が、歴史的な研究の成果として過去の記録・史料などの解説を行った講義内容をまとめたもので、代表であるイ・ヨンフン氏は元ソウル大学の教授である。彼らによれば、朝鮮半島の植民地統治下において「日本軍による土地やコメの略奪はなかった」「従軍慰安婦の強制連行はなかった」などと記されていて、これまでの韓国側主張とは大きく異なる。それだけに「韓国人著者による否定的内容の本を出版されてはかなわない」という嘆きが解からないではない。ただ予想に反して、この本はベストセラーになっている。最初はそんなに売れなかったのだが、一部政治家やマスコミが取り上げたことで、多くの人達が興味を抱いてしまったのだ。もちろん「売国親日派」という批判の嵐も巻き起こって入る。年内に日本でも発売されると思うが、日本の場合には“歴史教科書”的な意味づけで「推薦される本⁉」になる可能性もある。何しろ、日本人の多くは“過去に興味がない”というのが本音なのだ。どうしてそんなに韓国人や朝鮮人や中国人が“過去の出来事”にこだわっているのか、本当のところはよく解からないのだ。何しろ“和食”はさっぱりとしている。中華料理のような“こってり感”も、朝鮮料理のような“辛さ”も持ち合わせがない。「恨みっこなしよ」って、歌もあったなんて…古いねぇ。


最近の記事はこちら

やがて来る「大都市郊外」のオシャレ化

あらゆる時代には「その予兆」というものがある。そういう意味で注目すべき記事がアメリカから発信された。最近、アメリカでは“都市住宅の高騰化”という要素も加わって、大都会そのものではなく、大都会の郊外に位…続きを読む

「クリムトの絵」が歩いて戻った⁉

日本では「未確認の何かが飛行していた」というニュースもあるが、もっと現実的でありながら、ミステリー小説に出て来そうな話がイタリアから飛び込んできた。約23年前に盗難に遭っていた絵画が、その盗難に遭って…続きを読む

「復活」の運気を“活かせるか”が鍵

ここ数年、大塚久美子社長率いる「大塚家具」は窮地に立たされっぱなしだった。さまざまなところと提携するとか支援を受けるとかしながら、何とか生き延びている。そして、ここにきてヤマダ電機の“子会社”となるこ…続きを読む

若い女性達が「牛耳る国」が誕生した⁉

われわれ日本人は欧州について、中でも北欧の国々について、あまり知らない。ニュースが届くことが少ないからだ。例えば、フィンランドのこれまでの交通・通信相が34歳の若き女性であったことを知っていた人は少な…続きを読む

「身代わりパソコン」が体調を崩す⁉

私は12月~1月初旬くらいの間に体調を崩すことが多い。この頃になると、北海道は秋から“真冬”に変化する。12月の頭くらいまでは暖かくても、その後一気に外気が変わる。見慣れた風景も“晩秋”の落ち着いた景…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.