今日の迷言・余言・禁言

預金1000万が「宝の持ち腐れ」になる⁉

世の中に「心配性」の人は多い。心配性の人は、どんなに周りが「大丈夫」といったところで訊く耳を持たない。大体が“長期的未来”を考えすぎる。「未来」とか「将来」について考えることは悪いことではないが、せいぜい十年先ぐらいまでで、それより先をあまり深刻に考えすぎるのは止めた方が良い。誰だって“先のこと”など本当には解からないのだ。占い師の私だって20年先の自分がどうなっているかはわからない。多分、死んでいるか、死の一歩手前辺りに居るか、まあ、そんなところだろう。私は眉の毛が長く、これは本来は“長寿の相”なのだが、いつ、どうなるかなど解からない。私の父親も極端に3~4本眉の毛が長かった(なんと10㎝以上もあった)が、床屋さんが気を利かして、それを切ってしまった。そのせいかどうか、急に健康を損ねて旅立ってしまった。だから、人生というのは解からないのだ。数年前から、世間では「老後資金」という言葉が流行り出した。誰がどうやって計算したのか知らないが、老後資金として「2000万円は必要」だというのだ。この“ばかばかしい仮説”を本気になって信じ込んでいる人が世間には多い。おそらく“平均寿命”等で計算しているのだろうが、そんなのはあくまで平均でしかない。大体「宝くじ」で何億円が転がり込んでも“自己破産”してしまうような人が何人もいる。もし、日本がインフレに傾いたら、2000万などあっという間に“200万の価値”に変わる。そういう社会情勢というか、世の中の変化というものを加味しない(できない)計算など意味がないのだ。さて、最近出た雑誌上で“老後資金”の心配をしている方の相談内容と、それに応える家計コンサルタント氏の回答が掲載されていた。相談者はパート主婦43歳で、公務員47歳の夫を持ち、14歳と11歳の娘さんを持っている。彼女いわく既に預金1000万円を超えているが、2000万円には程遠いので「不安で仕方がない」らしい。収入は月475000円というから、なかなかのものである。しかも戸建ての持ち家で、特別、大きく毎月かかるお金というのはないらしい。私には、何がそんなに「不安」なのか、まったくわからない。40代夫婦で持ち家で預金1000万で月収50万に近い家庭などと言うのは、現代では「理想の家庭」ではないだろうか。それなのに不安がって「もっと貯蓄に励まなければ…」などと言っていたら、人生を愉しめない。つまり、一生、不安を抱えながら生活していかなければならない。もっと、大らかに暮らさなければ“幸福な日々”にならない。心配事は、それが起きてから心配すれば良いのだ。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.