今日の迷言・余言・禁言

雪の降る街を…雪の降る街を…

♪想い出だけが通り過ぎていく♪ そういう感じに雪が降りまして、わが札幌市内は「白い街」に変わったのです。1日で65㎝とか…中々なものです。そうすると、どうなるかと言いますと、航空機や電車がストップするのです。だからひたすら家の中で“子猫のように”コタツで丸くなるのです。もっとも、我が家にはコタツがないので、ソファの上になります。北国の人達は、こうして“忍従”という精神を学ぶことになります。「忍従」って、知ってます? まあ字面の通りです。昔の“ヤマトナデシコ七変化”は、そういうものだったらしいと聴いております。ちなみに、それが反映されたのが「富士額」という女性特有の額の生え際です。現代では少なくなりました。富士額の女性は基本的に“忍従”の精神が培われているのです。江戸時代、多くの女性たちは、実際に富士額をしていました。だから着物に“日本髪”の髪型が似合ったのです。女性でも「角額」や「丸額」が多くなった昨今の女性たちは“日本髪”の結い方がしっくりこなくなってしまいました。逆に、武士の額は生え際の“抜け上がり”がないと“髷”が似合わないものです。つまり江戸時代の髪型というのは、そういう意味で合理的だったのです。ちなみに、その名残をとどめているのが、相撲力士の髪型です。大昔、当時、関脇だった力道山は自ら“髷”を切って廃業しました。よく「髪は女の命」などと言いますが、実は「力士の命」であり「武士の命」でもあったのです。したがって、髪の長い日本人男性は簡単に髪を切ったりしてはいけないのです。実際、髪を切った力道山は路頭に迷い、不遇な日々を過ごしました。けれどもプロレスという“格闘技”と出逢って、命が甦るのです。朝鮮人でありながら「日本のヒーロー」となるのです。その“付き人”であった「アントニオ猪木」が“北朝鮮”に肩入れするのは、“力道山の霊?”がそうさせているのかもしれません。


最近の記事はこちら

元気があれば「脱獄トンネル」も掘れる⁉

人間には簡単に世をはかなんで自殺してしまう人もいるが、たとえ“死刑囚”になっても、せっせと「脱獄トンネル」を掘り続ける人もいる。しかも、彼の場合には、それが“初めて”ではなかった。2017年にも一度ト…続きを読む

「もう良いのでは…」と言いたい“極細ウエスト”

世の中、いろいろな分野で「世界一」を目指す人はいる。アメリカのジョージア州に住む1児の母サミー・ウィルソン氏(26歳)は2年前まで、お世辞にも“美しいプロポーション”とは言えなかった。体重が89㌔もあ…続きを読む

「健康・余裕」の百歳なら良いのだが…

なんとなく北海道のニュースを眺めていて「敬老の日」に北海道だけで100歳以上のお年寄りが3867人もいると知って、その数の多さに驚いてしまった。昔は“百歳以上”というのは本当に稀で、文字通り「長寿」だ…続きを読む

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.