今日の迷言・余言・禁言

難しい「タトゥ」の“愛”と“死”

時々“タトゥ(刺青)”が注目されることがある。昨日、ギネスブックに全身のタトゥで二つ認定を受けていた「ゾンビボーイ」ことリック・ジェネスト氏(32歳)が、モントリオールの自宅で遺体姿として発見された。公式発表はないが自殺らしい。パリのファッションショーやレディー・ガガ楽曲にも出演したことがある人物だが、全身9割にタトゥを施し、廃墟に一人暮らして自ら「ゾンビ」を名乗るなど、やや“異端児”的な人物でもあった。本業は“モデル”だったのか、“アーティスト”だったのか、よく解からない。実は、彼は15歳で脳腫瘍を患い、それがきっかけで自らの身体にタトゥを施すようになった。そういう意味では、単なる“好奇心”とは別物なのだ。日本ではあまり評判の良くないタトゥだが、海外ではそれこそ“アーティスト崩れ”のような人たちが、どう見ても“子供の落書き”のようなタトゥを平気で入れている。一つには“彫り方”に違いがあるからで、現代の短時間に出来上がる“機械彫り”では、細かな文様や色彩が入った刺青は出来ない。美的な要素を持った刺青やタトゥは大変に美しいし、芸術作品のような気品を放つものもある。全身9割はちょっと“入れ過ぎ”で美的観念からも3~6割くらいにとどめるべきである。まるで白い壁に書いた“思い付きの落書き”のようなタトゥもあるが、せっかく自分の身体をキャンパスにするなら“誰もまねの出来ないアート”としての作品を時間がかかってもじっくりと仕上げるべきだと思う。大昔、子供の頃、私はたくさんの刺青を銭湯の中で観た。たくさんのいかつい男たちが全身に刺青を入れていたのだ。よく何も知らない私のような子供が一緒に入っていられたものだと思う。けれども、彼らは総じて紳士だった。だから、私はそれがどういうことなのかを知らないまま大人になったのだ。多くの温泉ではタトゥのある方は入れないらしい。或る種の情緒が消えたような気がするのは私だけなのだろうか。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.