今日の迷言・余言・禁言

野球部の主将が、強盗団の主将(⁉)になる時

2017年夏、彼はもっとも輝いていた高校生だった。なぜなら、その年の夏の甲子園で優勝した花咲徳栄高校の主将だったからだ。彼は2年生の時から既に野球部の主将だった。それも全員一致して選んだほどの頼れる主将だった。だから、その3年後にまさかこんな形で“紙面を飾る”ことになるとは誰もが予想しなかった。千丸剛(20歳)無職。強盗致傷罪で逮捕。しかも、その内容が良くないのだ。昨年4月26日。見知らぬ民家へと5人で押しかけ、その家のご主人と妻とをバールなどで襲って瀕死の重傷を負わせたのだ。金品を奪う目的だったが、激しい抵抗と大声とで、結局、何も奪うことなく逃走している。何んとも“救いようのない事件”なのだ。かつて甲子園で、優勝校の主将として誰より輝いていたはずの球児は、その2年後に強盗団の一員となっていた。逃走用の車は事前にナンバープレートを変えておくなど、計画性もあったらしい。それにしては何も取らずに逃走するなど稚拙に過ぎる。一体、あの夏の主将はどうなってしまったのか。実は、二塁手としても出塁率が良いことで期待されていた彼は、難なく駒大に進学した。もちろん野球部に入った。ところが、この野球部でイジメに遭ったらしい。そこから彼の人生は狂い始める。やがて野球部を辞め、同時に学校そのものも辞めてしまった。こうして彼は無職になったのだ。野球部はイジメによってやめたのだが、もう一つ、彼に関しては、仲間の財布から金を盗んだことが発覚して辞めた、という噂もある。これに関連して、彼には“お金”に関し、或る種コンプレックスがあったようで「金を持っていれば優遇される」とSNSの中で疑問を投げかけていた。彼が学生時代、実際に金を盗んだのかどうかは分からない。けれども、今回の事件は、どことなくそれが単なる「噂」だったのか、それとも「真実」だったのか、連想を呼びやすい話ではある。こうして、千丸剛は20歳にして「犯罪者」になってしまった。甲子園で優勝旗を持った選手の手には、手錠が掛けられている。


最近の記事はこちら

ダンスケが定める「富裕層」のライン

あなたは「ダンスケ」を知っているだろうか? 多分、知らないだろう。その最大手のダンスケが今年6月から導入せざるを得なくなったのが「富裕層」を対象とした“金利の切り替え”である。心ならずも、他の銀行に見…続きを読む

さまざまな「生き方」「考え方」があって良い

日本は比較的“自由な国”である。何を言ったからと言って、すぐ逮捕されるとか、処刑されるとかいうことはない。だから、さまざまな「生き方」「考え方」が基本的に許されている。ところが、時々、それを“許すまい…続きを読む

双子の兄弟は別々に「その児」を狙った

「血は争えない」という言葉があるが、こと“双子”に関しては、昔からさまざまな“一致点”が報告されている。今回の報告は、正直、残酷な報告としか言いようがない。向井亮太・勇生(25歳)の兄弟は双子で、どち…続きを読む

脳腫瘍「手術中」も交響曲を弾き続けた奏者

自分の仕事に対して「プライド」を持っている人は多い。この場合には、執刀医とそれを受ける患者とが、共に自分の仕事にプライドを持っていた。だから、執刀医が「左手の神経は絶対傷つけませんから安心してください…続きを読む

「慎重」は良い「慎重すぎる」は良くない

人にはそれぞれ性質があって、その性質に沿った生活をしていればそれほどストレスは溜まらないが、性質にそぐわない生活を強いられるとストレスを生じる。例えば「組織」内の生活がそぐわない人。そういう人は、どう…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.