今日の迷言・余言・禁言

都知事選より面白い「5人の美女」の闘い

昔から「女の闘い」というのは熾烈なもので、それも“5人もの闘い”ということになれば、熾烈を極めるのは言うまでもない。「東京都知事選」の陰に隠れる形で秘かに行われるはずだったが、ここに来て俄然注目を集め出したのは、やはり「5人の美女の闘いだから」に尽きる。7月5日に投開票となる「北区都議補選」のことである。しかも、この闘い、或る意味では上手く色分けされていて、その一人目は自民党と公明党とが推す山田加奈子氏(49歳)で前区議議長まで務めた人物である。その二人目は“都民ファーストの会”が推す天風いぶき氏(35歳)で元タカラジェンヌで小池都知事の秘書を務めていた人物である。その三人目は立憲民主党と共産党とが推す斉藤里恵氏(36歳)で元区議で“筆談ホステス”として有名な人物である。その四人目は“日本維新の会”と“新しい党”とが推す佐藤古都氏(32歳)で“障害者支援の会社”に勤める人物である。その五人目は“ホリエモン新党”が推す新藤加菜氏(27歳)で動画配信で“ゆづか姫”として人気を集める人物である。つまり、いま日本の政治を動かす勢力がこぞって参加し“全国区型の人物”を投入して闘っているのだ。実は大昔まだ20歳前後の時に、私はこの地域に3週間ほどだが暮らしたことがある。「東京」とは名ばかりの“片田舎だった地域”だ。「十条銀座」が懐かしい。そういう北区で「定員1名」のところに、各党が“エース級”ともいうべき5人の美女を投入した格好だ。候補者の年代も20代が一人、30代が三人、40代が一人と、若い世代の配分となっていて、60代や70代は一人もいない。そういう点でも、まさに「女たちの闘い」を演じられるし、加えて5人共「男性と互角に闘える美女たち」でもある。こんなことを言うと“その種の団体”から批判されそうだが、少なくとも“金がバラまかれる選挙”になる心配はなく、むしろ“女の魅力”が勝負を分けそうな気がするのは、“東京の片田舎”を懐かしむ私だけなのであろうか。


最近の記事はこちら

もはや「温帯気候」ではない日本列島

日本の場合、やはりと言うべきか「防ぎようのない自然災害」の“新しい波”は「集中豪雨」で襲ってきている。それが異常な“今年だけの現象”になるのか、それとも“その後も続く開始年”になるのか見極めは難しい。…続きを読む

「先住民族」に勝てない「文明」という“錯覚”

われわれはどうしても「先住民」とか「原住民」という言葉を聴くと、アフリカの人々を連想しがちである。けれども、実際にはアフリカのほとんどは“文明社会”である。けっして弓矢を持って生活していない。そこへ行…続きを読む

「西之島」は、やがて「日本のムー大陸」になる⁉

「西之島」と言われて、それがどの場所にあるのか即座に答えられる人はそんなにいない。まあ、太平洋の“小笠原諸島”の辺りと答えられれば大正解に近い。とにかく、その辺なのだが、2013年11月にその付近から…続きを読む

「手相の線」に“名前”が無くなったら…

何日か前、手相の方で名前を知られる「にしけい」こと西田圭一郎氏が、私の元を訪ねてきた。彼は手相の本を矢継ぎ早に何冊も出している“新進気鋭⁉”の手相家である。鑑定の方ではなく「占い教室」という形で私に対…続きを読む

「米」最多の雇用者数&「日」最悪の下落幅

世界で、経済の先行きが混とんとしている。アメリカでは昨日、6月の雇用者数が出て1939年に統計を開始して以来最多の480万人増を記録した。一方、日本では「日銀短観」が出て、6月の大企業製造業における下…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.