今日の迷言・余言・禁言

遺作となった「どかんたれ」の教え

たまたま黒岩重吾著『どかんたれ人生塾』という死後に発刊された雑誌連載の“人生相談回答集”を読んだ。死後に出ているから遺作だと思うが、小説ではないので本当の意味での「遺作」と呼べるのかどうかは分からない。多分79歳で亡くなった彼の前年に連載されていた“若者向けの人生塾”Q&Aをまとめたものだ。したがって、著者晩年の自宅における写真が多数掲載されている。それ自体、この作家にしては珍しい。私は若い頃、黒岩重吾という作家に憧れていた。まだ二十代前半の頃「彼のように生きたい」と思っていたのだ。当時の黒岩重吾は“社会派推理作家”という肩書で、松本清張や水上勉と並んで“社会派”ブームのけん引役であった。私は“人間観察”という点では松本清張にかなう作家はいないと思うが、そして“秀麗な文章”という点では水上勉が抜きんでていると思うが、その“泥臭い生き方”という点で黒岩重吾が好きだったのだ。それに、もう一つ、黒岩重吾は原因不明の病で“寝たきりの生活”を二年ほど送っているが、その間に「トランプ占い」を習得し、奇跡的に病が回復して後、実際に“トランプ占い師”として生活していた一時期がある。そういう点でも、何かしら親近感があった。彼の場合、“社会派推理作家”としてデビューしたが、その後“通俗作家”的な作品を多数書くようになり、やがて“古代史に基づく小説”へと転換していくようになる。そして時々、特異な人生経験を基にしたエッセイ集も出した。私が最初に読んだのも、書名は忘れたが、そういうエッセイ集であった。つまり、どん底の気分でいた時、彼の書いたものを読み、その“活火山のような情熱”に打たれたのだ。“寝たきりの生活”の中でも、必死に前を向き、這い上がろうとする人たちがいる。それに比べて“自分はなんて甘いんだろう”と反省したのだ。だから、彼は私の中では「恩人」なのだ。久しぶりに、彼の本を読み、それも亡くなる前年の“人生塾”をよみ、肩を叩かれたような妙な気分だ。


最近の記事はこちら

「気遣い」ある「善い人」が“危ない”

今年になって芸能人の「自殺」が目立つ。三浦春馬氏、芦名星氏、藤木孝氏、そして昨日の竹内結子氏だ。いずれも、一流の芸能人で理由が今一つ判然としない自殺だ。さらに竹内氏の場合、小さな子供まで遺している。通…続きを読む

「神様」にも「マスク」は必要だったのか⁉

偉大なる建築家アントニオ・ガウディ氏の“没後100年”を記念して“完成”する予定であったスペインの「サグラダファミリア教会」がピンチを迎えている。新型コロナによって“工事中断”を余儀なくされている建設…続きを読む

「嘘」はついていないような気が…

女性同士がぶつかり合う場合、その気迫がすごいと、なかなか男性はその中に割って入れない。そうなりそうな対立の予感が国会の中で勃発している。自民党の杉田水脈(53歳)氏と共産党の田村智子(55歳)氏だ。杉…続きを読む

来るか「印鑑」が“不要”になる日

新政権になって河野太郎行革大臣が「ハンコ不要」に取り組みだしている。もちろん、これは役所の“行政手続き”に限ってのことで、一般社会にまで強制する“簡素化”ではない。ただ、これまで一番「ハンコ」にこだわ…続きを読む

元気があれば「脱獄トンネル」も掘れる⁉

人間には簡単に世をはかなんで自殺してしまう人もいるが、たとえ“死刑囚”になっても、せっせと「脱獄トンネル」を掘り続ける人もいる。しかも、彼の場合には、それが“初めて”ではなかった。2017年にも一度ト…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.