今日の迷言・余言・禁言

過酷過ぎる減量で王者は作れない

極めて珍しい形の“王者剥奪”が起こった。ボクシングのWBC世界フライ級王者・比嘉大吾選手が、対戦前の“前日軽量”で体重が900gオーバーし“不戦負け”となってしまったのだ。ボクシングは各階級の体重制限が細かく分かれている。ちょっと“細かすぎるな”といつも思う。もちろん、体格差の分類はあってよいと思うが、あまりにも細かく分けるのは、意味がないと思うのだ。プロレスなど「ジュニアヘビー級」と「ヘビー級」しかない。まあ、ボクシングは“拳”だけの格闘技なので、5階級くらいに分かれるのは仕方がないと思うが、その程度で良いのではないだろうか。昨日の軽量で、比嘉大吾選手はトレーナーに抱き抱えられるようにして姿を現した。つまり、無理な減量でもうダウン寸前の身体だったのだ。そこまで減量しなければならないということは、それよりも上の階級で戦うべき肉体だということでもある。事実上、彼は一ヶ月半で約12㌔の減量を強いられた。これが80㌔くらいの人物が12㌔減量なら十分可能だと思うのだが、彼は60 ㌔前後であった。元々が細身の体形から12㌔の減量は無理がある。彼が所属しているのは具志堅用高氏のジムだが、具志堅氏は体重を落とせなかったことを詫びたが、詫びるのはそこではなく、土台が無理な減量に挑ませたことのはずである。階級を早い段階で変えていきたいという願望は比嘉大吾選手が口にしている。おそらく現階級に留まらせたのはジム側なのだ。その方が世界チャンピオンを継続できる。ましてや彼には「16連続KO勝ち」という日本新記録が掛かっていた。ジム側とすれば、これを達成してから上の階級に移れば良い。そういう判断があったに違いない。おそらく、元々が体重が付きやすい選手なのだ。今回の場合は、仮にギリギリセーフで試合に挑んでもふらふらで勝てなかったかもしれない。もっと無理のない減量でベストな試合をさせて世界王者を作るのが具志堅氏の仕事なのではないだろうか。


最近の記事はこちら

「自営型」と「勤務型」の微妙な違い

人には元々「勤務する形での仕事形態」が合っている人と「独立自営する形での仕事形態」が合っている人とがいる。これは多分に“先天的なもの”で、もちろんどちらでも器用にこなせる人もいるが、大抵はどっちかの方…続きを読む

汚れ無き「日本人」&厚かましい「逃亡者」

今年は、いろいろな意味で「日本人」と「外国人」との“違い”を、さまざまなところから感じさせられた。その典型はカルロス・ゴーンという人物である。日産の元会長であり、ルノーの元会長でもあった人物だ。彼は現…続きを読む

習近平主席とトランプ大統領にも「冷却期間30日」を⁉

昨日、中国の全国人民代表大会において「民法典」が可決・成立した。その内容は、中国では夫婦間で「離婚届」を出そうとした場合、“30日間の冷却期間”を待たなければ受理されないよう法改正したもので、来年1月…続きを読む

「神秘思想」が“犯罪化”する時

大昔から変わっていないことの一つに、信仰とか、呪術とか、占いとか、心霊とか、特殊療法とか、精神世界とか、超能力とか……その人の“日常”とは切り離れたところに位置する「思想」は、徐々にカリスマ化され、い…続きを読む

「医療従事者」だけの“特別待遇”には疑問⁉

世間というのは、時として“一方向”を向きがちである。例えば「医療従事者」に対しての扱いだ。特に“新型コロナ関係”の医療従事者に対して、世間はここ数ヶ月“畏敬の念”を向けるようになった。そのこと自体は、…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.