今日の迷言・余言・禁言

運命は“53歳差”の夫婦を誕生させた

「たった一日で彼女は僕の心をとりこにした」こういうセリフを吐く若者が時々いる。まあ、日本人は少ないけどね。確かに、そう言うことが稀にはある。但し、それが“53歳も年上の女性”に対してだとしたら、どうだろう。う~ん、あなたも信じられないか。私も、ちょっと信じがたい。けれども、実際にそういう思いから、2週間後にプロポーズをして、めでたく(?)結婚し、その後2年たった現在も良好な結婚生活を送っている二人がいる。アメリカのテネシー州に暮らしていたアメルダさんは息子ロバートが心臓病で急死し、失意の中にあった。その二年前にも、43年間も連れ添ったご主人を亡くしていたからだ。その葬儀の場に、一人の青年が出席していた。それは息子ロバート夫人の甥にあたるゲイリー君だった。このゲイリー君は幼い頃に両親を喪い祖母に育てられていた。そういう意味では自分よりずっと年の離れた女性に元々親近感を抱きやすい環境に育ったと言える。葬儀場で顔を合わせたアメルダさんとゲーリー君だったが、その場では直接会話を交わすことはなかった。ところが、その二か月後、ご主人を亡くしたロバート夫人が子供の誕生会をピザレストランで開き、身近な人達を招待した。その招待客にアメルダさん(70歳)とゲーリー君(17歳)も含まれていたのだ。そして、そのレストランが二人の“運命の出逢い”となった。何んと、双方ともに“一目ぼれ”をしたのだ。ここが奇妙なところで、通常なら、どちらかは好意を持っても、どちらかは常識的には“引く”ものだ。何しろ53歳の年齢差なのだ。ところが双方ともに惹かれ合い、反対した息子もいたのに押し切って、2015年10月26日に結婚した。その後、二年半を経た現在も“愛情いっぱいの生活”を継続している。「運命の女神」は時々こういうイタズラをする。


最近の記事はこちら

“最悪三人組”が経営する「怖~い病院」

「類は友を呼ぶ」という言葉があるが、確かにそういう傾向はある。昨日、福岡県警に摘発された医師達などは正にその典型と言える。どういう仲間だったのかというと、まず一人目は院長で井上勉(61歳)。この人物は…続きを読む

ジェドカラー「貴族の墓」は“大発見”の予兆か⁉

4月13日エジプトのサッカラで、今から4400年前のものとみられる「貴族の墓」が報道陣に公開された。古代エジプト王朝で言えば第5王朝の時代のもので、ギザの大ピラミッドで有名な「クフ王のピラミッド」から…続きを読む

父親が「本当の父親」ではない…と知る時

私は3~4歳の頃「将来、何になりたいの?」と問われて即「天皇陛下になりたい」と応えて母を困らせていたらしい。私自身にその記憶はないが、今考えると妙に気恥ずかしい。それでも十代になると「占い師」に変わっ…続きを読む

神が憑いた「幼児占い」は公開銃殺⁉

「七星組」というグループで全国を回っていたらしい。もちろんアイドルグループなどではなくて、3歳や5歳の子供を使った“いかがわしい神霊予言”グループだ。けれども、元々が“占い大好き”な北朝鮮国民にとって…続きを読む

自らの「死」で“教えた”スタントマン

本来であれば「再現教室」に救急車が到着する予定はなかった。スタント会社で委託されていたのは「横断歩道でも事故は起こる」ということの再現、そのような事故が起きないためには「どこに気を付ければ良いのか」と…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.