今日の迷言・余言・禁言

運勢が「眼力」を変える

例えばプロ野球選手でも、絶好調の時には「ボールが止まって見える」という。実は同じようなことが、ごく普通の人たちの日常生活においても起こっている。つまり、運気の良い時には自分が「どう動けば良いのか」が何となく判るのだ。なぜなら、目の前の状況がよく“見えている”からだ。ところが、運気が低迷するとか、環境が急変しようとしているようなときには、見えていたものが“一時的に見えなくなる”状態が起こる。つまり、人間は本能的に“目の前の出来事=直後に起きてくる状況”を、潜在意識下ではすでに把握している。そして、それを不透明な幕の向こうで“映像化”している。通常は“不透明”なのだが、絶好調時には不透明な幕が消え、はっとするほど“鮮明な映像”となる。だから迷わず選択できるのだ。危険なことを回避できたり、素晴らしい相手に出逢えたりする。ただ、それは瞬時の出来事で、じっくりと観察できるようなものではない。だから多くの人は“何となくこちらのほうが良いような…”という曖昧模糊とした感覚で正しい選択をしている。けれども、運気が低迷するとか、環境が急変するようなときには、元々“不透明な映像”がますます不透明となり、何も見えなくなるので「どうしてよいか分からない」状況を作る。それが自然なのだ。ほとんどの人は気付いていないが、運勢が私たちの「眼力」を変え、別人のような“映像”を映し出す。足を踏み出すのが“怖くなる”のは、見えないのだから“当然”なのだ。 


最近の記事はこちら

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

「苦労」や「お騒がせ」の活かし方

人には比較的穏やかと言うか、平坦というか、特別大きな出来事もなく、表面上では“つつましく”人生を歩んでいる人もいる。その一方で、誰が見ても“波乱万丈”にしか思えないような人生を歩んでいる人もいる。その…続きを読む

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

「コロナ」降って「米中」固まる⁉

諺に「雨降って地固まる」というのがあるが、激しくぶつかり合って来た「米・中」とも、ここに来て“変化の兆し”が表れてきた。昨日、中国の習近平主席は「日・米・豪」などが参加しているTPPの参加に“前向き”…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.