今日の迷言・余言・禁言

豊かさの証明「雑誌のある生活」

雑誌の売り上げが落ちているらしい。昨年度の売り上げ集計が出て、前年比で約10%の落ち込みらしい。32年ぶりに書籍の売り上げを下回ったという。中でも落ち込んだのが女性ファッション誌で前年比で約12%減。最大の理由は休刊誌が相次いだことで、30年間続いた『ピチレモン』、26年間続いた『キューティ』などが休刊となった。雑誌の休刊は、通常、売れなくなったからだと思われがちだが、実際には売れなくても継続している雑誌はたくさんある。一定の“広告収入”があれば、雑誌というのは継続していけるからだ。つまり雑誌の休刊は、売り上げ部数そのものより“広告の取れる取れない”が大きいのだ。それだけ女性誌に広告が出されなくなった。バブル期に発刊された雑誌が多いので、当然といえば当然かもしれない。経済が低迷する中で、懐具合に敏感な女性たちは、無意味な内容も付随する雑誌からではなく、お金のかからないネットなどの媒体から情報を得るよう変化してきている。けれども海外の書店を訪れて感じるのは、自国の雑誌を“多数並べている国”は意外なほど少ないということだ。特に公用語が英語圏の国では、世界的に有名な雑誌だけを並べて、自国の雑誌は片隅に追いやられているケースも珍しくない。雑誌は“その国の文化”なのだ。台湾、香港、タイなどでは“日本の雑誌”も多い。実際、日本の雑誌は、緻密な誌面構成など世界的に見てもレベルが高い。おそらく経済が豊かになれば、もう一度、どの女性の部屋にも「雑誌のある生活」を取り戻すことができるに違いない。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.