今日の迷言・余言・禁言

誰も報じない「アコンカグア登頂」の成功⁉

そういうことだったのか……と、後から気付く出来事がある。例えば「失敗した」かのように報道されながら、実は「成功している」出来事もある。昨日、冒険家・三浦雄一郎氏の“挑戦動画”が帰国後、初めて公開された。そこには、奇妙な事実の映像があった。三浦氏が南米最高峰アコンカグアの登頂に成功し、その頂上からスキーで見事滑降する姿が映し出されていたのだ。ん? 違うって、ではちゃんと見て確かめていただきたい。もちろん、登頂に成功したのは三浦雄一郎氏ではない。その次男の三浦豪太氏である。けれども彼だって冒険家なのだ。そして彼は見事に登頂に成功した。さらに見事にスキーで頂上から滑降した。その姿が映像では公開されているのだ。三浦雄一郎氏本人は、途中でドクターストップが掛かり、登頂を断念している。けれども彼が日本に戻った時、決して「敗残者」の姿ではなく、意気軒高と「次の目標は90歳でエベレストだ」と吠えていた。だから誰も“今回の失敗”を追及できなかった。そうなのだ。彼の一番のすばらしさは、失敗しても全然めげないことだ。すぐに“次の目標”を掲げる。だから誰も、今回の失敗を咎められない。むしろ、そこに“恐れを知らない若者の姿”を感じてしまうのだ。そう、若者だって大抵は失敗すると、少しビビる。ところがこの人は全然めげない。これこそが“本当の若さ”なのだ。二十代や三十代の人達が、一度や二度の失敗で立ち直れなくなるのとは大違いである。“若さ”というのは“失敗”が許されることなのだ。そして再び“挑戦できる”ことなのだ。何度も失敗し、大恥をかいても、すぐ未来に向かって立ち上がる人は“若い”のだ。失敗しても、誰からも非難を受けない。非難されても聞き流していれば良い。多くの人は、失敗してしょぼくれてしまうから、世間は“無謀な挑戦”と非難するのだ。若者には“未来がある”。死ぬまで“未来”だけを向いて歩んでいく人は、死ぬまで“若いまま”で居られる。偉大なる冒険家・三浦雄一郎氏は、成功する姿を見せたいのではなく、失敗してもめげずに“次の目標”に向かう姿を見せたいのだ。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.