今日の迷言・余言・禁言

誰でも「スーパーマン」になれる⁉

時々思うのだ。確かに“未来社会”は便利だ。そして先進技術や医療は素晴らしい。確かにそうなのだが、何かが引っ掛かる。例えば8月31日からロンドンの高級デパートで売り出した「ジェットスーツ」だ。これを着ることで、人は自由に空を飛ぶことが出来る。決して未来の話ではない。実際に、今年から“売り出されている”のだ。既に購入者もいる。いくらなのかと言えば一着5000万円だ。えっ5000円じゃないの。そりゃそうだよ。空のあちこちにジェットスーツを着た地球人が右往左往しているなんて、なぜかいただけない。空飛ぶ「スーパーマン」は一人だから良かったんだよ。エンジンを着けて飛ぶんじゃない。背中にマントを翻して飛ぶからスゴイのさ。そう言えば無人型移動販売車が出来るのって知ってるかい。これはワンボックスカーに似てるけど完全自動運転で新鮮な野菜や果物、それにお菓子など届けてくれるんだ。この秋からカリフォルニア州でテスト販売に踏み切るらしいよ。確かに大雨や大雪の日に、玄関先までやって来てくれる無人の移動販売車は魅力かな。何をどう買おうと変な眼で見られることもないしね。店員さんでいるんだよ。無意識なんだろうけど「そんなもの買うんですか」って眼で見ながらレジを打つ人がさ。あれは嫌だよね。何を買おうが、こっちの勝手じゃないかって、思うんだ。そういう時には、やっぱり無人移動販売が最高だよ。ただね、何も話すことなく食べたいものが配達されるのも、それはそれでちょっと味気ないよね。結局、人は勝手なんだよ。便利にはなってほしいけど、でも、やっぱり何でも“自動”とか“無人”とかが続くと、それはそれで“つまらない”ものなのさ。めんどうだとか、やっかいだとか、しょうがないなあとか…そういう悪態をつきながら、それでも相手の顔を見て、話して、笑って、泣いて、怒って…結局、そういうの嫌いじゃないんだよ。確かにロボットは“癒しの言葉”を毎日かけてくれるよ。でも、しょせんはロボットだからね。時々、殴りつけてやりたくなるんだ。どうしていつも“優しい言葉”ばかりなんだって、哀しくなるのさ。時には“しっかりしろ”とか、“バカ野郎”とか、“お前が悪いんだろう”とか、?りつけてくれるロボットじゃなく、やっぱり人間が良いんだ。


最近の記事はこちら

“最悪三人組”が経営する「怖~い病院」

「類は友を呼ぶ」という言葉があるが、確かにそういう傾向はある。昨日、福岡県警に摘発された医師達などは正にその典型と言える。どういう仲間だったのかというと、まず一人目は院長で井上勉(61歳)。この人物は…続きを読む

ジェドカラー「貴族の墓」は“大発見”の予兆か⁉

4月13日エジプトのサッカラで、今から4400年前のものとみられる「貴族の墓」が報道陣に公開された。古代エジプト王朝で言えば第5王朝の時代のもので、ギザの大ピラミッドで有名な「クフ王のピラミッド」から…続きを読む

父親が「本当の父親」ではない…と知る時

私は3~4歳の頃「将来、何になりたいの?」と問われて即「天皇陛下になりたい」と応えて母を困らせていたらしい。私自身にその記憶はないが、今考えると妙に気恥ずかしい。それでも十代になると「占い師」に変わっ…続きを読む

神が憑いた「幼児占い」は公開銃殺⁉

「七星組」というグループで全国を回っていたらしい。もちろんアイドルグループなどではなくて、3歳や5歳の子供を使った“いかがわしい神霊予言”グループだ。けれども、元々が“占い大好き”な北朝鮮国民にとって…続きを読む

自らの「死」で“教えた”スタントマン

本来であれば「再現教室」に救急車が到着する予定はなかった。スタント会社で委託されていたのは「横断歩道でも事故は起こる」ということの再現、そのような事故が起きないためには「どこに気を付ければ良いのか」と…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.