今日の迷言・余言・禁言

“言葉ひとつ”が、人を生かしたり、殺したりする!

元フジテレビの長谷川豊アナウンサーが自らのブログに「自業自得の人工透析患者なんて全員実費負担にさせよ!無理だと泣くならそのまま殺せ!」とのタイトルで投稿し、その過激な内容がネットで炎上、問題を重視したテレビ大阪が「ニュースリアル」のMCを降板させた。もっともな処置だと思う。これは到底ニュース番組MCの発言として許されるべきものではない。彼は「ブログ上の発言」と述べたが、ブログ上であろうと、ワイドショー番組であろうと、日頃、公正な態度でニュースを扱わなければならない立場の人間が発すべき言葉ではない。百歩譲って“お笑い芸人”の発言であれば、すぐ謝罪すれば、過激ジョークとして許さていたかもしれない。もしかしたら、彼は過激にすることで“世間の注意を喚起したい”という気持ちががったのかもしれない。それにしても「全員」という言葉や「そのまま殺せ!」という表現を含んでいるのだから、公的なブログ上で発言したなら、世間にどう受け止められるか解りそうなものである。多分、彼は“関西の人達に受けそうな表現”を試みたつもりだったのだろう。けれども、ブログは日本中で読まれるのだ。そして日本には“さまざまな病気で苦しむ人たち”が無数にいる。誰しも、病気になりたくてなっているわけではない。病気となることで仕事に支障が出たり、収入が減ったりする。時には働けなくなることもある。そして高額な治療費が掛かる。そういう“当たり前のこと”を配慮すれば、あのような内容には絶対にならない。今年前半、世間から“総バッシング”を受けたタレント・ベッキーさんが「宝島社」の企業広告上で裸になった。見開きの広告で“嫌でも目に飛び込む”背後からの半身ヌードだ。文字通り“裸になって出直そう”とする意欲が窺われる。背景に「あたらしい、服をさがそう。」の文字だけがある。何の説明もない。この“何の説明もない”ことが、このコピーの最大の“売り”である。素晴らしい“コピー表現”だ。人には、どんなに苦しくても「あたらしい服」をさがさなければならない時がある。日本全国には、そういう人たちが無数にいる。そういう人たちの眼を見開かせる素晴らしい表現だ。


最近の記事はこちら

元気があれば「脱獄トンネル」も掘れる⁉

人間には簡単に世をはかなんで自殺してしまう人もいるが、たとえ“死刑囚”になっても、せっせと「脱獄トンネル」を掘り続ける人もいる。しかも、彼の場合には、それが“初めて”ではなかった。2017年にも一度ト…続きを読む

「もう良いのでは…」と言いたい“極細ウエスト”

世の中、いろいろな分野で「世界一」を目指す人はいる。アメリカのジョージア州に住む1児の母サミー・ウィルソン氏(26歳)は2年前まで、お世辞にも“美しいプロポーション”とは言えなかった。体重が89㌔もあ…続きを読む

「健康・余裕」の百歳なら良いのだが…

なんとなく北海道のニュースを眺めていて「敬老の日」に北海道だけで100歳以上のお年寄りが3867人もいると知って、その数の多さに驚いてしまった。昔は“百歳以上”というのは本当に稀で、文字通り「長寿」だ…続きを読む

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重…続きを読む

早期の「画像公開」が“発見”に繋がった

千葉県習志野市で9月10日から“行方不明”になっていた中学3年生の少女が19日に無事発見・保護された。最近は“行方不明”となっても、早期に情報公開や画像公開した場合には、その多くが発見・保護されている…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.