今日の迷言・余言・禁言

芸者「アンナ」に芸者「ゆう子」の“背後霊”⁉

「アンナ」という芸者なのだそうだ。しかも、その芸者、今は舞台で“おんな”を抱いている。それでも、ちゃんと“性転換”して、芸者になれるのだそうだ。どうやって芸者になるのかというと、新橋の芸者さんに弟子入りして着物の“着付け”や“所作”など教えを受けたからだ。本当は浅草の芸者さん「浅草ゆう子」さんに弟子入りすべきだったのだが、2月20日に亡くなってしまった。12歳から浅草の芸者置き屋「新菊の家」に奉公で入り、16歳で芸者デビューをし、何と80年近くも芸者として働き続けた方だ。享年96歳。それから一日置いて、元宝塚のトップスター・湖月わたる氏が舞台「雪まろげ」で“芸者を目指す女アンナ”を演じることを記者会見で宣言をした。元々“男役”で、現在は「ベルばら45」で“おんな”を抱いている。それが一転して今度は“芸者役”を演じるというのだ。その切り替えのためには、私生活でも超ミニスカート姿に切り替えることで乗り切ると断言。その湖月氏の発表を待つかのように、本物の浅草芸者として80年近くを過ごした「ゆう子」氏は亡くなった。きっと今回の舞台では「アンナ」の背後霊として、のりうつってくれるに違いない。何しろ80年も芸者をしていたのだ。川端康成や田中角栄や美空ひばりなど著名人から愛された芸者は、性転換したばかりのアンナを危なっかしくて見ていられないに違いない。さりげなく背後に憑いて、芸者らしい着付けや所作を教えるに違いない。この舞台は、今は亡き名女優・森光子氏の代表作の一つで、主役である東北温泉街の芸者・夢子を演じていた。その夢子の“妹分”に当たるのが「アンナ」なのだ。だから、もしかすると森光子氏も見てられなくて一緒に“背後霊”となって、湖月わたる氏の所作などを手伝うかもしれない。こうして“芸者を目指す女アンナ”は二人の大ベテランがさりげなく手を貸して“舞台・芸者”らしくなっていくのだ。


最近の記事はこちら

従業員は「命預けます」と言えるか⁉

大昔「命預けます」という題名の歌があった。それを何んとなく思い出した。多分、それに近い意識を持たないと“出資は出来ない”だろうととも思った。何しろ金額が半端ではない。日本円で2兆1300億円なのだ。そ…続きを読む

44年前の「UFO誘拐事件」再掲載の謎

昨日「文春オンライン」は、なぜか44年前に起きた“UFO事件”の詳細を載せた。なぜ載せたのか。一応の理由としては《夏に読みたい「怖い話」》ということになっている。だが、私には何となく釈然としない。もし…続きを読む

「共感」という評価で“トップ3”入り

芸能・芸術の世界では時々、本人も予想しなかったような“奇跡”が起きることがある。「機動戦士ガンダム40周年のメモリアルに、こんな奇跡が起こるなんて!」と驚きと喜びを隠せないのが歌手・森口博子氏である。…続きを読む

王女様は公務より「シャーマン」がお好き⁉

日本の場合は「天皇」は「王」とは微妙に異なるので、その娘が「王女」と呼ばれることはない。ただ実質的には「王」及び「王女」扱いを受けていることは事実だ。さて、ノルウェー王室では現在ちょっとした問題が持ち…続きを読む

“終戦記念日”に産まれた「三太郎」

正確にいうと順序が逆で“終戦記念日”に「三太郎」が産まれたのではなく、我父親である「三太郎」が産まれた日がやがて“終戦記念日”となった、ということである。明治38年の生れであるから、もし生きていれば1…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.