今日の迷言・余言・禁言

自宅倉庫で出産・殺害した母親

山口県警は5日、先月10月26日未明に自宅の倉庫で、出産したばかりの我が児の頭部を投打して殺害した容疑で会社役員の二家本佳代子(41歳)を逮捕した。26日の朝に一緒に暮らしている容疑者の父親が倉庫内で血まみれになっている娘と出産したばかりの男児を発見、すぐ119番通報して緊急入院となった。産まれたばかりの男児は1時間後に死亡、その母親である娘の方は5日になって体調回復して退院したところを逮捕に踏み切った。容疑者は出産した男児を殺したことを認めている。何んとも哀しいニュースだ。まだ、よく解からないことが多い。容疑者の父親が発見後すぐ119番通報しているところから、彼は娘が出産間際であることを知らなかったか、少なくとも何故、自宅の倉庫で出産したのかを知らなかった。つまりは事件に直接的な関係はないと思われる。容疑者は会社役員で社長らしい。したがって出産費用がなかったとか、堕胎費用がなかったとかいうたぐいの事件ではない。容疑者が結婚しているかどうかについては不明である。父親と同居し、父親が発見しているので、現状では未婚か、離婚後に出戻ったか、どちらかのような気がする。一部ネット情報には、容疑者にはすでに子供が居て、それも複数との情報もあるが、真偽のほどは解からない。ただ一般的に言えば、意図的に病院以外で出産する場合、出生児の父親が子供を認知しないケースが多い。父親であってはならない人物が父親である場合もある。母親は、その児を産みたくなかったのであろう。でなければ出産直後に自分の手で殺せない。余程、産みたくない気持ちが強かったのだ。それなのに堕胎をしなかったのは何故だろう。気付いた時には遅かったのか。いずれにしても、同居する父親にも知られず、独りで出産するのは勇気がいる。もし計画的であったとすれば、自宅倉庫内で一人で出産し、殺害し、どこかに埋めてしまえば、何も無かったことに出来る。同居していても、父親が妊娠に気付いていなかった場合には、その可能性が強い。容疑者は小さくても会社役員である。それなりの常識は身についている。単独での出産がどれだけ危険か、多少、甘く見ていた可能性もある。おそらく強引に出産したことで、出血が止まらなくなったのだ。それでも、最後の気力を振り絞って出産したばかりの子は叩きつけ殺害した。そして、その後気を失ったのだ。そうしなければならなかった“哀しい事情”が秘められているに違いない。


最近の記事はこちら

中江滋樹&倉田まり子の「ターニングポイント」

人の一生には、あまり極端な変動なく過ごしていく人と、正に“激変”ともいうべき人生を歩む人と、大きく二つに分かれる。比較的“変動が少ない人”は大体共通していて、妙な表現だが“無難な人生”を歩んでいくこと…続きを読む

「変転運」を象徴する「水脈」の旅

週刊誌には時々、これは事実なのか、噂の域を出ないのか、微妙ともいえるような記事が出る。過日、どの週刊誌だったか忘れたが杉田水脈衆院議員について「政界引退説」というのが載っていた。そこには彼女の知人発言…続きを読む

「 」からの「人工ウイルス」大暴落

いよいよ手が付けられなくなってきた。私は年初から、これを心配していたのだ。ニューヨークの株式が1000ドル以上も大暴落している。もはや小手先の“緩和策”などでは、経済への大打撃を防ぎきれないと投資家た…続きを読む

「出でよ‼」個性際立つ“本屋さん”

大坂の中津に、その本屋さんはあるという。書店というより“本屋さん”という感じの古い2階建てだ。「ローカルメディア&シェア本棚 はっち」という奇妙な店名だ。社団法人ワオンプロジェクトの田中冬一郎氏が運営…続きを読む

ダンスケが定める「富裕層」のライン

あなたは「ダンスケ」を知っているだろうか? 多分、知らないだろう。その最大手のダンスケが今年6月から導入せざるを得なくなったのが「富裕層」を対象とした“金利の切り替え”である。心ならずも、他の銀行に見…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.