今日の迷言・余言・禁言

自宅で家族を殺害・解体した僧侶

私の地元、札幌の豊平区と言えば、以前住んでいたところだ。その豊平区で“殺人事件”が起こった。僧侶が自宅で家族を殺害して、それを解体しかけて、疲れ果て我に戻ったのか、誰かに気付かれると観念したのか、解体作業の途中で警察に出向き「自宅に死体がある」と自首したのだ。こうして長岡雅人(60歳)は“死体遺棄容疑”で逮捕された。浴室で“首なし死体”となっていたのは、妻の木の美(58歳)さんと長男の親良(ちから・19歳)くんである。死因は窒息死のようで、つまり、絞め殺して後、解体しようとしたらしい。どうして途中で止めたのかについては、判然としていないが、多分、親良くんに対して何度も電話が掛かってきて、ここままでは気付かれると感じたからのような気がする。或いは、おかしくなっていた頭が正気に戻ったからのような気がする。長男が友達に語ったところでは、地元に帰省してみると、父親の様子がおかしく、殺されるとか、殺しに来るとか言っていて、精神的にまともではなかったらしい。それが伝えられていたことで、逢う予定になっていた仲間たちは、LINEからの反応が突然途絶えた彼に対して心配し、何度電話しても応答しないので不安を募らせていた。そういう中で、彼の父親が自首したのだ。最近、この種の事件が多い。家族が家族を殺す。自宅の中で殺される。本来なら“最後の砦”にならなければならない自宅が、或いは家族が“予期せぬ敵”に変わっている。しかも、今回の事件は、お寺の僧侶が起こしている。その寺に対しては、事件前後に「1週間ほど休みたい」と電話を入れている。そうなると単なる“狂気の犯行”とは言えなくなってくる。精神的におかしかったのかもしれないが、冷静な一面も持っていたのだ。もし、長男が帰省していなかったなら、事件は起こらなかったのだろうか。或いは事件に巻き込まれなかったのだろうか。長男の名は「親良(ちから)」という珍しい読み方の姓名だが、読みようによっては「良い親」とも読める。刑務所の中で、父親である僧侶はひとり読経を繰り返すだろうか。


最近の記事はこちら

「見切り発車」でも“取り残される”人々

いよいよというべきか、予定では今日5都道県の「緊急事態宣言」が解除される。厳密にいうと、神奈川と北海道とは本来の“解除規定”からは外れるのだが、多分、一緒に解除される。実際には、もう“経済面”が限界に…続きを読む

ネットの「誹謗・中傷」本名を公開すべき‼

スターダム所属の女子レスラー木村花氏が22歳の若さで死去した。ネット上で愛猫に“別れを告げる”写真投稿を遺しての死去となった。男女間のリアルなシェアハウス生活をドキュメント化する番組「テラスハウス」に…続きを読む

「都知事選」を盛り上げる堀江氏の立候補⁉

元ライブドア社長で現在はいろいろ手掛ける堀江貴文氏の動向が注目されている。「都知事選」に“立候補する”ともっぱらの噂なのだ。本人は何も言っていないので「N党」の“話題集め”という見方もある。ただ堀江氏…続きを読む

日本が防ぐべき「三つの凶災」

今年は地球環境にとって稀に見る「凶災の年」である。私が以前から述べていたように、どんなに“大きな出来事”であっても、人が日々興味を抱き続ける期間というのは、そう長くは続かない。だから私は今年2月の時点…続きを読む

「鬼滅の刃」を抑えて「マンガ大賞」を得た作品

5月21日から熊本市現代美術館で再開されるのが漫画家・高浜寛氏による“企画展”である。元々、文化庁メディア芸術祭漫画部門優秀賞を受賞して2月22日に始まった“企画展”だったが、途中“コロナ騒動”で休止…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.