今日の迷言・余言・禁言

自分にとっての「快適な居場所」

人の“生き方”というのはさまざまです。どうしてさまざまなのかというと皆“心地よい生活”を求めているからです。そして、その“心地よい生活”が人によって、異なるからです。人は最終的に“自分にとって”というのが何よりも重要になります。あらゆる“選択肢の中”で、何を基準にするかというと、最終的に到達するのは“自分にとっての心地よい生活”が一番なのです。それが他の人から見れば“奇妙”に思えたとしても、自分にとっての“心地よい生活”が保障されているなら、そこに居たいと思うのは当然のことです。仮に現在の生活が“そうではない”なら、無意識に“そういう方向”へと向かってアンテナを研ぎ澄ましながらの“落ち着かない生活”が続くものです。そしていったん“その居場所”を確保したなら、今度はそこから容易には動こうとしないものです。自分にとっての「快適な居場所」は、“仕事や職場”の方にある場合もあれば、“恋愛や家庭”の方にある場合もあります。その両方の「快適な居場所」を既に得ている場合は、本人にとって“満足を得ている生活”となり、自分の“生き方”に後悔することがありません。但し、この「快適な居場所」を得ている生活というのは、あくまでも“心地よい生活”であって、“理想的な生活”というのとは異なります。この二つを混同してしまうと“倖せが遠のいてしまう”から注意しなければいけません。


最近の記事はこちら

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

「苦労」や「お騒がせ」の活かし方

人には比較的穏やかと言うか、平坦というか、特別大きな出来事もなく、表面上では“つつましく”人生を歩んでいる人もいる。その一方で、誰が見ても“波乱万丈”にしか思えないような人生を歩んでいる人もいる。その…続きを読む

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

「コロナ」降って「米中」固まる⁉

諺に「雨降って地固まる」というのがあるが、激しくぶつかり合って来た「米・中」とも、ここに来て“変化の兆し”が表れてきた。昨日、中国の習近平主席は「日・米・豪」などが参加しているTPPの参加に“前向き”…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.