今日の迷言・余言・禁言

耳の「内郭」は何を物語るか

昨日、大麻所持容疑で伊勢谷友介が逮捕されたが、その画像を見ていて、同じく“大麻”で世間を騒がせた沢尻エリカ氏と同じ部位に“眼”が止まった。耳の「内郭」である。沢尻氏も伊勢谷氏も耳の内郭が、耳の外輪よりも極端に突き出ているのだ。沢尻氏の場合は「くの字」に突き出ているし、伊勢谷氏の方は「半円形」に突き出ている。この「内郭」部分というのは、俗に“世間”とか“社会”とか呼ばれる「枠組み」に対して、自分自身が“どう向き合っていくか”を物語る重要なサインとして注目すべき部分なのだ。そういえば、時代はかなり戻るが、かつて薬物事件を起こした押尾学氏も耳の「内郭」が突き出ていて特徴があった。“世間”や“社会”の「枠組み」から外れようとしたがる人は、耳の内郭が突き出た象形となる。実は、大昔の観相書では、ここをその人が「長男」であるかどうか、或いは「家業」を継承するかどうか、その判断の“要”と見ていた。つまり、ここが飛び出している人は、代々続いてきた「家系」「家業」を継承できず“飛び出していく”人の相と観立てたのだ。昔は、長男が“家業を継ぐ”とされていたから、ここが飛び出していれば「長男・長女ではない」と観た。けれども、今は“家業”と言っても、それを継承する人は少なく、よほどの“名家”でもない限り、その種の義務はない。したがって、古典的な相書の観方は役立たなくなったが、“世間”や“家庭”の「枠組み」を嫌うという部分は生きている。そして、ほとんどの場合には、家業も継承しないし、実家から十代後半になれば“飛び出して”行く。そういう意味では「内郭」としての根本的な意味は生きている。その根本には、この「内郭」は“自己”そのものでもあって、特に、その“思想的な生き方”においては、頑固なほどに自己を主張したがる。実は、薬物とは関係なくても、芸能人には耳の「内郭」が“突き出ている”人は多い。そうして、そういう人のほとんどが、特に“生き方”に関しては周囲からの干渉を嫌う。「私は私として」その生き方を貫きたがる。おそらく、伊勢谷容疑者は昔から大麻を常用していたのだろう。そうして、その部分に関しては、周囲からの“助言”も受け入れなかったに違いない。自らの「思想を貫く」のが彼らの特徴であり、生きる流儀でもあるからだ。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.