今日の迷言・余言・禁言

習近平&トランプ「暴露本」で、勝つのはどっち⁉

アメリカと中国の貿易戦争が“休戦中”の今、にわかに注目され出したのが「習近平氏の暴露本が出る」という話題だ。もちろん、中国ではなくてアメリカで出る。元々は2015年に香港の銅羅湾書店というところから出版予定だった本なのだが出版直前に“発禁本”となり、その関係者たち5人が中国本土に“拉致される”という事件にまで発展した。現在、香港でもめにもめている“引き渡し条例”への反発は、元々“この事件”が発端になっている。その“いわくつきの本”がアメリカで出版されるというのだ。ロサンゼルスに住む中華系アメリカ人社長が経営する出版社が版権を買い取り、改めて著者とも出版契約を結び直して、ようやく出版にまでこぎつけたというわけだ。その本のタイトルは『習近平と彼の愛人たち』というもので、どちらかというとプライベートな面での暴露本である。これが、もし、国家としてのアメリカやトランプ大統領に対して、習近平氏本人やその政権中枢がどう考え、どう話し、どう行動しているかなど“政治的暴露話”が含まれているなら、もっと価値が高まったかもしれない。もっとも、そういう内容なら、中国では“発禁本”どころか処刑される可能性だってある。うかつには書けないのだ。ただ、この暴露本では習近平氏が関わって来た十数名の女性達について記述されていて、地元高校生当時に付き合っていた女性から、最近になって交際している大物女優まで網羅してあって、彼の人となりを知る上では貴重な本かも知れない。もっとも、こと女性関係ならトランプ大統領だって負けていないことは誰もが感じる。しかも、彼の場合には女性とのトラブルも多い。色々な女性がトランプ大統領を訴えたりしているが、それで人物評が変わることもない。彼のような“解かりやすい人物”は或る意味でスキャンダルには強い。人間というのはおかしなもので、その人物が“いかにも行いそうなこと”に対しては、あまり反応を示さない。だから、本来そういうことをしそうもないような人が「不倫」や「闇営業」をすると大きく報道される。日頃から“そういう雰囲気”を持っている人の場合はマスコミもあっさり通過してしまう。その人が与えているイメージというのはなかなか覆せないのだ。そのイメージが何から形成されるのかというと、一番は“見た目の印象”である。世間というのは観相術を学んでもいないのに、そういう時だけ「占い師」となって、その人の“見た目”で判断しようとする。そういう点から言えば“わかりやすい”とランプ大統領に対して、何を考えているのか“わかりにくい”習近平氏はちょっと損かも知れない。日本に対しても、親しくしようとしているのか、何かしら“悪だくみ”で近づいてきているのか、本当にわかりづらい。今の世の中、解かりやすいのが良いようで…。


最近の記事はこちら

「米」最多の雇用者数&「日」最悪の下落幅

世界で、経済の先行きが混とんとしている。アメリカでは昨日、6月の雇用者数が出て1939年に統計を開始して以来最多の480万人増を記録した。一方、日本では「日銀短観」が出て、6月の大企業製造業における下…続きを読む

「アリサ」&「リン」が、お・も・て・な・し

今年は完全に「お・も・て・な・し」が“肩透かし”を食らった格好だが、我が日本の原点は奈良県。そこで…というわけでもないのだろうが、何故か奈良市の「近鉄大和西大寺駅」のホームに登場したのが四か国語を話す…続きを読む

事務所退所は「世界に挑む」ゴーサイン⁉

最近、芸能事務所を退所する芸能人が増えている。柴咲コウ、米倉涼子、栗山千明、長谷川潤、原千晶、菊池桃子、手越祐也…といった面々だ。さらに、昨日、ローラ氏と神田うの氏が加わった。どうして、今年に入って、…続きを読む

「本能的認識」と「差別」は異なる

「新型コロナ騒動」が起こってからというもの、世界は、あらゆることに関して過剰に反応する傾向が顕著になっている。これまでなら気にもしなかったことまで“神経過敏”に反応しているような気がする。その象徴とも…続きを読む

「美術館女子」が、なぜ悪いのか⁉

私はいつも思う。どうして「みんなと同じ」でなければいけないのだろう。どうして「同じ感覚」「同じ考え方」「同じ意識」にもっていきたがるのだろう。そうでなければ、許さない、といった雰囲気を作り上げるのだろ…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.