今日の迷言・余言・禁言

続々と発見される「未開封の墓と棺」

このところエジプトでは「墓」や「棺」の“発見”が続いている。それも古代エジプトの古王朝時代に埋葬地として有名だったサッカラの地から相次いで発見されている。9月なって発見された13基の棺は、なぜか積み重ねられていたのだが、いずれも未開封のまま2500年間、眠っていた棺だ。最近はそういう発見が多くて、4月に発見されたミイラ棺4基も未開封であったし、石棺5基も未開封だった。5月に発見された「ミイラ工房」は、古代エジプトのミイラの製造法を知る貴重な史料となるだろう。この地では第5王朝の墓地が多く発見されていて、2018年にはネフェルカラー王神官の墓が見つかり、2019年にはジェドカラー王高官の墓が見つかっている。これらの墓は手付かずのままであったため、その当時の色鮮やかな色彩のレリーフや彫像が、そのままの姿で保存されていた。これまでも第5王朝の墓などは見つかっているのだが、手付かずの状態で発見されることが少なかった。特に、王そのものの墓はかならず盗掘されている。古代エジプト人の奇妙なところは、強固な「来世信仰」を持っているにもかかわらず、平気で既に亡くなった王の墓を荒らし盗掘することだ。それも一般庶民ならまだわかるのだが、高官とか王族とか、王自身とかが指揮をとって、盗掘を行う。例えば、一時代前の王のピラミッドに使用された石を、自分のピラミッドに使用したりする。実に奇妙な精神構造なのだ。ともかく、そういうことで、今年は古代遺跡発見の“当たり年”であるから、もっと“大きな発見”があっても良いような気がするのだが、一時期、期待されていた「ツタンカーメン王墓の隠し部屋」は、存在していなかったと、小さく報道されている。


最近の記事はこちら

学校とは「生きる理由」を見つける場所

現在、立命館大学の国際平和ミュージアムで10月28日迄「世界一貧しい元大統領から学ぶ本当の豊かさ」という企画展示が行われている。2012年の国連におけるスピーチで一躍有名となったウルグアイのホセ・ムヒ…続きを読む

「赤い糸」が「一軒家を無償で借りられる権利」に発展

あなたは「赤い糸プロジェクト」をご存じだろうか。もちろん知らないだろう。大阪市鶴見区のNPO法人「みらくる」が取り組んでいるコロナ困窮者のための“支援プロジェクト”だ。今年9月に立ち上げられたばかりな…続きを読む

ピカピカの40年前に戻る「勇気」

女優の宮崎美子氏が自らの芸能生活“40周年”を記念して「カレンダー&フォトブックセット」を発売した。そして40年ぶりにカメラの前で“ビキニ姿”を公開している。ほぼ同時に「週刊現代」でも11ページにわた…続きを読む

「70代女性」の元気と「30代女性」の体力低下

日本には「スポーツ庁」と呼ばれるものがあって、そこが各世代別の体力や運動能力に関する調査報告を出した。それによると「東京オリンピック」が行われた1964年当時に比べて、令和の60代後半~70代の女性は…続きを読む

麻薬首領「ゴッドファーザー」は「前国防相」だった

あなたは「ゴッドファーザー」という名曲、或いは映画を知っているだろうか。知っているなら若くはない。とにかく私の大好きな映画音楽だった。もちろん、大ヒットした映画も「マフィア」を描いているのだが、それで…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.