今日の迷言・余言・禁言

結婚生活に「危険信号」点滅の鼻嶺の骨

顔を横から見た時に、鼻嶺の上部に“骨”が目立つ人がいる。比較的“高い鼻”に多く、女性は“美人顔”に多い。鼻嶺を横から見て、直線的に高いのは「美しくいきたい」意識の強い相で、高すぎる場合には“プライドが高すぎる相”となるが、芸術・美容・ファッションなどの“美的世界”を仕事とするなら良相となる。ところが、単に高いのではなくて、鼻嶺上部に“骨が突き出す”ような印象を与えながら高い人がいる。そういう女性の1人に、そんなに極端な方ではないが、タレントの小倉優子氏がいる。歯科医の再婚夫が自宅を飛び出したまま戻らなくなって、離婚問題に発展している「ユウコリン」である。彼女の場合、元々が“可愛らしい顔立ち”なので、鼻嶺の上部の骨の突き出しはパッと見では気にならない。実際、日本女性の場合は極端に飛び出す人は稀で、多くの場合は彼女のように“やや飛び出す”程度の場合が多い。したがって、もちろん、その美貌にマイナスにはならない。むしろ、真正面からだと“しっかりとした鼻柱”に見えて、顔全体としても美形でバランスがとれている。日本女性の場合、この鼻嶺の部分は、むしろ“低すぎる”ケースも多いので、そういう女性達からすれば「立派で美しい鼻」ということになる。けれども、こういう鼻の女性は、俗にいう「鼻っ柱が強い」タイプで、自分の考えを“引く”ということがない。或る意味では「頑固」に自己主張を繰り返す“気の強い女性”ということになる。元々この人は「ゆうこりん星からやって来た」ということで売り出し、可愛らしくマイペースな雰囲気で人気を集めた。物言いも穏やかなので、そんなに「鼻っ柱が強い」感じに見えない。その点が、どうしても結婚してから後にネックとなる。こういう女性は、口論になると相手を罵倒したり、侮蔑したりしやすい。これは、元々「負けたくない」気持ちの表れからである。謂わば“自己防御”からの攻撃なのだ。けれども、プライドの高い男性は、それに我慢が出来ない。最初は我慢していても、やがて我慢できなくなる。だから逃げ出すのだ。「離婚問題」は暗礁に乗り上げているらしいが、一時的に謝っても、元々の性格の部分だけに“元のさやに戻る”のは奇跡に近い。今度は「鬼嫁」として再婚すればうまくいくかも…。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.