今日の迷言・余言・禁言

米中は「知りすぎたのね」で総領事館閉鎖

大昔「知りすぎたのね」という歌があった。もちろん、男女間のことを歌った歌で、米・中のことを歌った歌ではない。この歌の出だしは《知りすぎたのね あまりに私を 知りすぎたのね 私のすべて 恋は終わりね 秘密がないから…》という具合に歌われる。男女間の間でも、知りすぎない方が良い、と教えているのだ。どうも、中国はこの本質的な部分を誤ってしまったようで、何から何まで“秘密”をかき集めようとした。それに腹を据えかねたのが、気の短いトランプ大統領だった。「そんなに秘密ばかり探り出すなら、もう付き合わない」と、そそくさに帰り支度を始めたのだ。「冗談でしょ」習近平氏はあっけにとられた。「オレを誰だと思っているんだ」ベルトを締めるのもそこそこに、トランプ氏は荒々しく部屋を出ていってしまった。こうしてテキサス州ヒューストンの中国総領事館は閉鎖されてしまった。最初こそ、あっけに取られていた習近平氏だが、やがてめらめらと怒りの炎が燃上がってきた。「お互い様だろ」吐き捨てるように言うと、すぐに電話した。こうして四川省成都の米国総領事館は閉鎖されてしまった。元々この二人は相性が悪い。トランプ氏からすると、習近平氏は何を考えているのか全く分からない。それでいて、秘密ばかりを持ち出そうとする。一方の習近平氏からすると、どうしてすぐ、あんなにかっかするのかがわからない。そんなに大切な情報なら、もっと厳重に保管すべきなのだ。中国のハッカーは優秀な証拠ではないか。何が悪いのか。この二人は「関税問題」でも「コロナ騒動」でも、ぶつかり合ってきた。もはや限界に達したと言ってよいだろう。問題は、この二人の相性の悪さで、とばっちりを受ける国々だ。せっかく持ち直しつつあった世界の株価が暴落し、円高が進む。それでなくても、今年は「自然災害の年」であちこちに災害が発生し、経済が落ち込んでいる。中国など大雨による洪水被災者の数は4550万人とも言われている。倒壊した家屋も35000棟に及んでいる。喧嘩をしている場合ではないのだ。「喧嘩」ならまだ良いが「本格戦争」にまで進みそうな妖しい雰囲気。喧嘩両成敗する「正義のマスクマン」は登場しないのか。


最近の記事はこちら

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

「苦労」や「お騒がせ」の活かし方

人には比較的穏やかと言うか、平坦というか、特別大きな出来事もなく、表面上では“つつましく”人生を歩んでいる人もいる。その一方で、誰が見ても“波乱万丈”にしか思えないような人生を歩んでいる人もいる。その…続きを読む

当選金1672億円の「宝くじ」に変えよう⁉

日本人は“堅実”な国民性を持っている。だから突拍子もないような金額の「宝くじ」は発売しない。日本の場合には最高額でも10億円までと定められている。この金額では、アッと驚くような「大きな夢」などは買えな…続きを読む

「紫微斗数」の危険な真実

近年、紫微斗数に関する書籍が続々と刊行されている。「紫微斗数(しびとすう)」と言って、すぐ理解できる人は相当な“占いマニア”だ。私が初めて紫微斗数を知ったのは15歳の時だが、もちろん、当時は本当に珍し…続きを読む

「コロナ」降って「米中」固まる⁉

諺に「雨降って地固まる」というのがあるが、激しくぶつかり合って来た「米・中」とも、ここに来て“変化の兆し”が表れてきた。昨日、中国の習近平主席は「日・米・豪」などが参加しているTPPの参加に“前向き”…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.