今日の迷言・余言・禁言

米中は「知りすぎたのね」で総領事館閉鎖

大昔「知りすぎたのね」という歌があった。もちろん、男女間のことを歌った歌で、米・中のことを歌った歌ではない。この歌の出だしは《知りすぎたのね あまりに私を 知りすぎたのね 私のすべて 恋は終わりね 秘密がないから…》という具合に歌われる。男女間の間でも、知りすぎない方が良い、と教えているのだ。どうも、中国はこの本質的な部分を誤ってしまったようで、何から何まで“秘密”をかき集めようとした。それに腹を据えかねたのが、気の短いトランプ大統領だった。「そんなに秘密ばかり探り出すなら、もう付き合わない」と、そそくさに帰り支度を始めたのだ。「冗談でしょ」習近平氏はあっけにとられた。「オレを誰だと思っているんだ」ベルトを締めるのもそこそこに、トランプ氏は荒々しく部屋を出ていってしまった。こうしてテキサス州ヒューストンの中国総領事館は閉鎖されてしまった。最初こそ、あっけに取られていた習近平氏だが、やがてめらめらと怒りの炎が燃上がってきた。「お互い様だろ」吐き捨てるように言うと、すぐに電話した。こうして四川省成都の米国総領事館は閉鎖されてしまった。元々この二人は相性が悪い。トランプ氏からすると、習近平氏は何を考えているのか全く分からない。それでいて、秘密ばかりを持ち出そうとする。一方の習近平氏からすると、どうしてすぐ、あんなにかっかするのかがわからない。そんなに大切な情報なら、もっと厳重に保管すべきなのだ。中国のハッカーは優秀な証拠ではないか。何が悪いのか。この二人は「関税問題」でも「コロナ騒動」でも、ぶつかり合ってきた。もはや限界に達したと言ってよいだろう。問題は、この二人の相性の悪さで、とばっちりを受ける国々だ。せっかく持ち直しつつあった世界の株価が暴落し、円高が進む。それでなくても、今年は「自然災害の年」であちこちに災害が発生し、経済が落ち込んでいる。中国など大雨による洪水被災者の数は4550万人とも言われている。倒壊した家屋も35000棟に及んでいる。喧嘩をしている場合ではないのだ。「喧嘩」ならまだ良いが「本格戦争」にまで進みそうな妖しい雰囲気。喧嘩両成敗する「正義のマスクマン」は登場しないのか。


最近の記事はこちら

「逃亡者」は、ひっそりと暮らすべき

レバノンの首都ベイルートで4日、大爆発が起こった。事故なのかテロなのかわからないが、死者100名以上、負傷者4000名、30万人が家屋を失ったとも言われる。日本から逃亡しているカルロス・ゴーンの家屋も…続きを読む

12歳の頃「憧れだった人」からの影響

漫画家の桑田二郎氏が7月2日に亡くなっていたことが昨日、公表された。大昔の漫画家なので、知っている人は少ないかもしれない。途中から「桑田二郎」になったが、私が子供時代に読んでいた頃は「桑田次郎」だった…続きを読む

もはや科学のかけらもない「ホンマでっか」

最近、TV番組「ホンマでっか」が変容しつつある。昔は科学者陣をそろえて、世の中の不思議を“科学的に解明する”番組だった。明石家さんま氏が仕切って、面白おかしく科学の“新常識”を伝える番組として好評だっ…続きを読む

占い以上の精度は欲しい「地震予報」&「気象予報」

このところ「地震予報」が立て続けに外れている。そういえば大雨などの「気象予報」も外れが少なくない。特に、地震予報の方は一瞬、緊張感が走るだけに、何も起こらないと「オオカミ少年」のようにだんだん信頼度が…続きを読む

「星」は“芸能界”だけに輝くのではない

よく「成功する」という言葉が使われる。確かに、人として生まれて、成功しないより、成功する方が良いに決まっている。けれども、必ずしも“華やかな成功”が良いとは限らない。また“若いうちに成功”するのが良い…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.