今日の迷言・余言・禁言

窓のマークが「謎」を解く鍵?

アメリカのカリフォルニア州で17歳の少女が警察に助けを求めて発覚した事件。自宅に13人の子供たちを“監禁・虐待した容疑”で、1月14日、その家の父親と母親とが逮捕された。自宅に2歳~29歳までの自分の子供たちを集め、暗い部屋のベッド付近に鎖などで固定して繋ぎ、食事を与えずに放置する。何もかもが理解不能で、その理由は判然としていない。ただニュース映像にはいくつかのヒントが眠っている。まず第一に、その家はかなり立派な建物で、大家族が暮らすに相応しい広さを持っているように見える。車も何台か所有しているようで、それなりの経済力と職業とを持っていたはずである。しかも、何年か前に撮影された写真には、家族全員が写っている。大家族の場合、家族全員が写る写真は珍しい。しかも、子供たちの服装が揃っている。女の子たちは民族衣装的な可愛らしい洋服姿、男の子たちは全員ブレザー姿、奇妙なほど“統一された姿”で映っている。服装などまちまちになりがちなアメリカ人にしては大変に珍しい。つまり、この夫婦は“統一させる”ことが好きな夫婦だと推測できる。もしかしたら“結婚式”か“結婚記念日”かの写真のようで、少なくともこの写真では子供たち全員が“健康体”に見え、痩せてもいない。大胆な推測をすれば、この時点までは全員が“普通”だったに違いない。おそらく真面目で、子供好きな夫婦であり、表面上は“仲良し家族”だったに違いない。但し、この時点で夫婦が既に“何らかの宗教”か、或いは“呪術思想”かを持っていたに違いない。服装を“統一させている”のは、ただ単に記念写真用だったからだけではないと私は見る。子供たちの数が多いのは、双方とも“子連れでの再婚”だったからではないだろうか。何らかの宗教思想、呪術思想を持っていただろうことは、窓に張られた“奇妙なマーク”により明らかだ。見たことのないマークである。おそらく特殊な宗教や呪術の“シンボルマーク”なのに違いない。夫婦はそれにのめりこんでいったのだ。そして、何らかの“教え”に従って生活をするように変わった。おそらく“妖しい儀式”を取り込んだ生活で、第三者的には“悪魔的な生活”である。或る種、憑りつかれたように心霊的な指示に従っていたのだろう。間一髪のところで、少女は警察に駆けこんだのだ。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.