今日の迷言・余言・禁言

秋篠宮家の「姉・妹」は立て続けに結婚する⁉

私がここで前天皇ご夫妻が、やがてアメリカに居住するようになる秋篠宮眞子&小室圭ご夫妻の子供に逢いに行くようになる…ということを書いたのはいつだっただろう。もちろん、まだ前天皇ご夫妻が“天皇ご夫妻”だったころの話だ。もちろん、まだ正式に秋篠宮眞子さまと小室圭氏との結婚は成立していないし、“宙に浮いた”形のままである。けれども、あれだけのバッシングを受けながらも、2人は破局しなかった。私が最初から予見していたように、この二人は相性が良い。ただ小室氏は「天皇家」にすんなり受け入れられる四柱命式もホロスコープも持ってはいない。ここが問題なのだ。したがって、彼が眞子さまと結婚するには「天皇家」と距離を置くしかなく、アメリカ生活が相応しいということになる。したがって、眞子さまと結婚するには最初からアメリカに新居を持てば良い。実際、そうとしか思えないような状態で今日まで来ている。眞子さまのホロスコープは太陽と月とが180度で対冲している。これは公的な生活を重視すれば私生活が犠牲となり、逆に私生活を重視すれば公的生活が犠牲となる惑星配置だ。“両方を上手く”というのは事実上、不可能に近い。私は以前、眞子さまの結婚時期として2021年6月上旬か2022年3月が良いと記した。また、彼女の妹である佳子さまには2021年10月の結婚が良いと記した。これらは、あくまでも占星学的な“佳き日”であって、宮中行事や職業的な憶測とは何の関係もない。つまり、偶然の選択なのだが、もしも、これらがそのまま実現する形となれば、どちらが先かはともかく「姉・妹」は半年もたたずに相次いで結婚していく形となる。世間やマスコミがそれらをすんなり許すかどうかは微妙だが、“暗い話題”が先行する「令和」の時代に“結婚ブーム”を巻き起こすくらいのインパクトを与えられれば、秋篠宮家にとっても“晴れがましい年”へと切り替えることが出来るのではないだろうか。


最近の記事はこちら

世界に誇れる「ウイルス撃退」の発見⁉

奈良県立医科大学の矢野寿一教授を中心と研究チームが「新型コロナウイルス」に対して、そのウイルスの99%が1分間で無害化してしまう“魔法の飲み物”を発見した。まだ試験管による実験段階での研究成果で、人間…続きを読む

「セクシー」が、なぜいけないのか

人間の「平等」を主張しようとする場合、先天的な“違い”というものをどう捉えるかは重要な観点となる。産まれ持っての“違い”は、誰にもどうすることも出来ない。その違いを無視して、強引に「平等」を主張するの…続きを読む

「東京ドーム」を「三井不動産」が救済⁉

最近は大手企業と言えども「買収される」時代になった。昔は、買収と言えば、経営危機の状態となって初めて“出てくる話”だったのだが、最近はそうではない。例えば「東京ドーム」という一部上場の企業がある。この…続きを読む

「すべての人が主役…」って、何なんだよ⁉

私は極力“同業者の悪口”は言いたくないのだが、それでもたまにカチンとくる人物がいる。例えば、星ひとみ氏がそうだ。彼女は近年「カリスマ占い師」として脚光を浴びている。ただ、彼女が実際には何で占っているの…続きを読む

「NYダウ」「仮想通貨」「日経平均」史上最高値⁉

私が《「日本株」が暴騰し始める「初夢」⁉》として、これまで停滞気味だった日本株の動きが大きく変わり始めていることを指摘し、もしかしたら急騰し始めるかもしれないことを予告したのは11月10日のことだった…続きを読む

Copyright© 2015 NAMIKISEIRYU All Rights Reserved.